深キョンと横浜流星、東大の教室で公開キス 「恥ずかしい」「笑ってしまう」と困惑の声も

深キョンと横浜流星、東大の教室で公開キス 「恥ずかしい」「笑ってしまう」と困惑の声も

深キョンと横浜流星、東大の教室で公開キス 「恥ずかしい」「笑ってしまう」と困惑の声も

恋も仕事も婚活も、すべてが崖っぷちなアラサー塾講師が男子高校生、エリートいとこ、同級生の元ヤン高校教師にモテまくる『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の最終回が19日に放送された。

「3人ともかっこよすぎて誰を応援したらいいかわからない」「順子は最終的に誰を選ぶのか」と、3人のオトコたちのそれぞれのラブアタックに毎週悶絶していた人も多かっただろう。深田恭子演じる純子になりたいと何度も思った人もいるはずだ。

そして、ついに最終話。激しいラブバトルに勝利したのはやはりあの男だった――。

■深キョン助かる

東大合格を目指し、深キョンと二人三脚で勉強に励んできたピンク頭の高校生・由利(横浜流星)。東大二次試験直前、順子が車にはねられたと報告される。しかし、ゆりゆりは深キョンを心配しつつも試験を受けるという賢い選択をする。

一時期、意識はなかったものの助かった順子。片足を骨折しただけで済むという、不幸中の幸い極まる展開に。しかし、大事をとってしばらく入院することに。

■20年間の恋に終止符

順子が事故にあったと聞き、昇進に大きく影響するレセプションを蹴ってきたエリート商社マンの雅志。順子のいとこでもある彼は20年間順子に想いを寄せていた。

前回、その想いを告白し、「キス」をし、プロポーズまでした雅志。しかし、順子は自分に尽くしてくれた雅志のプロポーズを断ってしまう。

■不憫すぎると視聴者絶叫

こんなにも自分に尽くしてくれた男の愛の告白を断ってしまう順子も順子だが、辛さを隠しながらも笑顔で頑張って受け入れる雅志も雅志。こうして順子を巡るラブバトルから退場してしまう。あまりにも不憫すぎる!

その結果、今週も「まさしーーー!」と叫んでしまう人が続出だ。

思い返せば、わたくしの思わず声にまで出してしまったことばNo.1は

『まさしぃぃぃぃーーー』です。#はじこい

まさし良い人すぎたり不憫すぎたりで『まさしぃぃぃぃーーー』と言いながら笑ったり泣きまくったりでした。

— けい (@kecha_btot) March 19, 2019

まさしーーー(T_T) 泣ける!まじいいやつ #はじこい #まさし

— Makit (@mamakitty3) March 19, 2019

■ゆりゆり東大受かっちゃう

そして合格発表の日。ゆりゆりは東大に合格した! 1年生のときは中学の数学すら分かっていなかったのに……。

大好きな人が事故だと知らされてそれどころじゃなかったはずなのに、合格してしまうゆりゆりは本当にすごい。その精神力の強さは尋常じゃない。

■喜びの声が相次ぐ

この嬉しい報告に視聴者からも喜びの声が。

ゆりゆり、東大合格おめでとう!!!#はじこい

— ひなひな (@hinahana0807) March 19, 2019

ゆりゆり合格ーーー!!!東大合格したよ!!すごいよ!! #はじこい

— ヒカル (@makaroni_sarad) March 19, 2019

合格したゆりゆりは深キョン先生のもとへ。再び告白をするも、順子は「雅志と結婚する」と嘘をついてゆりゆりに別れを告げる。ショックを受けるゆりゆり。

一方で振られた挙句、順子にいいように利用されている雅志は本当に不憫すぎる。この事実を知った雅志もさすがにブチギレだ。こうして順子は雅志と距離を置くようになり、ゆりゆりとも連絡をとらなくなった。

■大人な深キョン

そんな折、山下(中村倫也)はゆりゆりが順子と雅志が結婚すると勘違いしていると知る。東大生になったゆりゆりに電話をした彼は、「何してんだ」と喝。順子は結婚しないことを告げる。

真実を知ったゆりゆりは走って順子の元へ。再び告白をするが順子は彼の将来を考えて、涙を流しながら断る。未来があり、今から変わっていくべき青年が自分のようなアラサーと一緒になってはいけないと考えたからだ。

前クール放送されていたドラマ『中学聖日記』の有村架純演じる中学生教師とは違い、本当に生徒のことを考えている。深キョン先生の、生徒のことを思ったうえでの大人の選択だった。

■東大の講義室で

しかし、本当にゆりのことが好きだと気が付いた順子。周りの友人からの後押しもあり、ゆりと一緒になることを決意。東大の講義室にひとりで乗り込む。

「腰痛くなるけどいいの?」「卒業するころにはアラフォーだよ」「結婚するならひとつなる早でお願いしたいんですけど」と確認をとる順子。それに対し「春見(順子の名字)がいい」と順子を抱きしめ、東大の講義室のど真ん中でアツいキスを交わしたのだった――。

こうして激しいラブバトルを制した18歳の由利匡平。勝因は「年齢」という大きなペナルティに屈しない真っ直ぐで純粋すぎる愛をターゲットにぶつけたのが勝因となった。

■さすがに恥ずかしい

ロマンティックなキスシーンでキュンキュンした人が多かったであろうこの場面。しかし、「普通に恥ずかしい…」という冷静なツッコミも。

いやそこ講義室だから!恥ずかしいって!こっちが恥ずかしいって! #初めて恋をした日に読む話 #はじこい

— ドラマが生きがいのささりこ (@sachumariko) March 19, 2019

ゆりゆり学校でキスは恥ずかしいゾ#はじこい

— せいろ蒸し (@QF4paSp38ieKP93) March 19, 2019

ラストはちょっと笑ってもうたw
だってそこ大学の講義室www
みんなまだいるし、部外者飛び込みで公開ラブシーンwww

美男美女のみ可の構図w#はじこい

— プク (@puu_tomo) March 19, 2019

「大学の講義室でキス」というラストに思わず笑ってしまう視聴者も。普通におばさんが入ってきれ大学生とキスするのは現実世界では本当にありえない。深田恭子×横浜流星だからこそ成り立った光景だったと言えるだろう。

■「ロス」が続出

約3か月間、毎週視聴者たちの心をときめかせてくれたこのドラマ。放送終了後、「ロス」を訴えるファンが後を絶たない。

もうすでにはじこいロスしてる。
#初めて恋をした日に読む話#はじこい#はじこい続編希望

— kozue (@8121_kkk) March 19, 2019

結局あまり寝れなかった。ロスだよ…今日引きこもりたい#はじこい

— りん (@efT1esrabZN35WO) March 19, 2019

山下先生もユリユリも八雲くんもみんながみんなかっこよかった!はじこいロスきつい??♀?泣きすぎて頭痛い? #初めて恋をした日に読む話 #横浜流星 #はじこい #中村倫也 #永山絢斗

— なっぷ (@fuafuasunny) March 19, 2019

#ゆりゆりロス

— 杉丸 (@suginosuginoda) March 20, 2019

放送終了後、あまりにも悲しすぎて生活を支障が出ている人が多い模様。とくに「ゆりゆりロス」はツイッターのトレンドにも浮上した。

登場人物が全員魅力的で、毎週私たちにトキメキを与えてくれた『はじこい』。ドラマは終わってしまったが、原作はまだ連載中だ。原作本を買って読めば、ロスも少しは埋められるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・卯月)

関連記事(外部サイト)