『ダウンタウンなう』福田こうへいのファンサービスが神対応 遺影を借りて歌ったことも

『ダウンタウンなう』福田こうへいのファンサービスが神対応 遺影を借りて歌ったことも

『ダウンタウンなう』福田こうへいのファンサービスが神対応 遺影を借りて歌ったことも

(画像提供:『ダウンタウンなう』?フジテレビ)

25日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」は五木ひろしプレゼンツ仕様。

五木ひろしと、ダウンタウンの浜田雅功と松本人志と坂上忍、飲み友達の山ア夕貴アナが、麻生十番のPANAMEにて、福田こうへいのファンサービスで盛り上がる。

■福田のファンサービスが神対応を超えて異常な誠実さ(画像提供:『ダウンタウンなう』?フジテレビ)

坂上が『福田のファンサービスが異常』とのフリップを掲げて、「異常ってどこまでされる?」と聞く。これに対して福田が、

「普通、コンサートのとき客席に下がるときは真ん中の通路まで行ったら戻ってくる。下がったのであれば、真ん中で戻るのは心苦しい。

後ろまで行って、一番大事にしなくちゃいけない車イスで来てくださるファンのところには行く。近くで顔を見て歌を聞いてもらう。

中にはコンサートに来るはずだったが亡くなってしまったお父さんやお母さんの遺影を持った娘さん息子さんがいる。その遺影のお写真をお借りして歌う」

ほっこりとするエピソードが披露。これを聞いた五木が「これはできないよ」と言えば、浜田がビシッと指差して「なんでやらへんの!」と激しくツッコんで笑いを誘う。

坂上が話を「ダウンタウンのファンサービスに持っていく」と、松本が「そもそもウチ、もうファンなんていない」と言い切って、浜田が爆笑。「コンサートをするなら福田さんのように降りていくのか」と坂上が聞くと、松本がかつてのエピソードを語る。

「漫才中に野次ったおっさんに向かって、浜田がステージからバァーッて降りていって、千円を叩き付け『これで帰れ!』って叫んだことはありますね。そういう降り方はしました。あれもコミュニケーション」

福田のエピソードとの違いの激しさに場が笑いで包まれた。

■福田の岩手訛りはガチと認定する東北民

「かか一人わらす二人」「ここの環境から離れるのはやんた」と訛る福田に対して、ダウンタウンから「わざとやろ」とツッコミがされる場面もあった。だが視聴者の東北民からは、「あれくらい訛ってる」と納得する声が多い。

福田こうへいがウケる?
テレビで聞くとめっちゃ訛ってるけど、イントネーションも訛りも聞き慣れてるからちょっと嬉しい(? ??`?)#ダウンタウンなう

— ズ (@zuko0402) March 22, 2019

どうしよ、福田さんの訛りが全然違和感なく受け入れられる東北人のアカウントはこちらになります?#ダウンタウンなう

— ウオッカ嬢 (@vodkajo444) March 22, 2019

わらすはあんま聞かんけど、カカは言うおっさん多いよね。
ヤンタも普通だ。#ダウンタウンなう

— coco (@co_430_co) March 22, 2019

福田こうへいの訛りはそれほど大袈裟ではない#ダウンタウンなう

— AKIKO (@a_tadappi) March 22, 2019

福田こうへいダウンタウンなう出てるけど、福田さんの岩手なまり、完全に普通、誇張一切無し?#ダウンタウンなう

— ハッセー3世 (@hasegawa0310) March 22, 2019

■驚く視聴者も多数

ダウンタウンに突っ込まれた福田は、五木に対して「俺どういう風に言ったらいいんだよ先生! そのままで行けっていうから! エビ食ってる場合じゃない」とキレる場面も。

浜田が「先生になんちゅうことを」とツッコんでたしなめようとすると、福田は五木がエスコートをしてくれると言っていたのに、エビを黙々と食べているんだと状況を説明して、笑いが生まれた。

紅白歌合戦でしか福田を知る人も、こんなにトークが面白いキャラだとは知らず、驚く視聴者も多かったようだ。

(文/しらべぇ編集部・モトタキ)

関連記事(外部サイト)