『ヒルナンデス』子連れママにヒールの靴勧め騒然 19歳モデルの対応に称賛の声

日本テレビ『ヒルナンデス!』で植松晃士氏が子連れママにヒール靴提案 疑問の声も

記事まとめ

  • 『ヒルナンデス!』の「ファッションチェック」のコーナーに植松晃士氏が登場
  • 赤ちゃんを連れて買い物に来ていた女性にヒールの靴を提案し、疑問の声があがった
  • 丸山桂里奈・KOTAと対決した本田響矢は、吉田沙保里さんに歩きやすい靴を提案した

『ヒルナンデス』子連れママにヒールの靴勧め騒然 19歳モデルの対応に称賛の声

『ヒルナンデス』子連れママにヒールの靴勧め騒然 19歳モデルの対応に称賛の声

『ヒルナンデス』子連れママにヒールの靴勧め騒然 19歳モデルの対応に称賛の声

(stevanovicigor/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

26日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にて、ファッションプロデューサー・植松晃士が、赤ちゃんを連れて買い物に来ていた女性の服装にアドバイスをする一幕が。

そこで植松が勧めたアイテムに、視聴者から疑問の声があがっている。

■スニーカーを履いていたママ

話題となっているのは、一般人に植松がコーディネートのアドバイスをする「ファッションチェック」のコーナー。

同日の放送では、ベビーカーを押し、小さい子供2人を連れて家族で買い物に来ていた女性がターゲットに。植松は「ワンピースは春感もあっていい」と評しつつ「足元に季節感がない」と、女性がスニーカーを履いていたことを指摘した。

その後、植松は女性にヒールのある靴に履き替えてもらい、ワンピースに合わせるパンツ等を加えた、より春らしいコーデを提案。ガラッと変わった装いに、家族からも驚きの声があがった。

■「子連れママにヒール靴って…」

小さい子供を連れた女性にヒールのある靴を提案したことに、今回ばかりは疑問の声が相次いでいる。

「植松さん、小さい子がいるママにヒール履かせるの何なの…今日は動きやすいようにスニーカーって言ってんのに、それでも履かせるのって何なの?」

「子供2人いるからスニーカー履いてるんだよきっと。それをヒールありで、脱げやすそうな靴に変えてもさー、イイね! とはならないよー」

「小さい子2人連れた女の人がスリッパみたいなヒールの靴なんて履けるわけないじゃん…」

■19歳モデルの言動に注目が集まる

その後、丸山桂里奈とメンズモデル・KOTAペアとのコーディネート対決に挑んでいた、19歳のモデル・本田響矢の言動に注目が集まった。

「中目黒でお花見デート」というテーマで、吉田沙保里さんにコーディネートを提案していた本田は、靴を選ぶ際「ハイヒールだと疲れてしまうしまうので…」と、ヒールのないローファーを提案。対するKOTAも、「お花見」というシチュエーションを踏まえ、丸山に歩きやすい靴を見繕っていた。

この光景に、視聴者からは「お花見デートでヒールは疲れるってローファー勧める19歳の子のほうがファッション分かってるって思った」など、植松と比較する声が相次いだ。

■「ヒールが苦手」な女性は7割超

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の女性686名を対象に「ヒールのある靴」について調査を実施したところ、全体で7割以上もの女性が「ヒールを履くのは苦手だ」と答えた。

インターネット上では、就職活動などで女性がパンプスを履くことを強制されることに異を唱える「#KuToo(苦痛と靴の掛け合わせ)」運動も注目を集めている。

履く人や着る人がより快適に過ごすことのできるアイテムこそ、「真のオシャレ」なのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日〜2017年3月27日
対象:全国20代〜60代の女性686名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)