張本勲氏、外国人選手に放言連発 「頑張っても興味ない」「MLBの打者はヘナチョコ」

張本勲氏が外国人選手に放言連発 田中将大や菊池雄星の話題で「MLB打者ヘナチョコ」

記事まとめ

  • 張本勲氏が『サンデーモーニング』で外国人選手差別と取れる発言を連発し猛批判浴びた
  • 張本氏はヴィッセル神戸の外国人選手の活躍に「外国人が頑張っても興味ない」と切捨て
  • 関口宏は反論、張本氏は田中将大や菊池雄星の話題でも「ヘナチョコバッター」など発言

張本勲氏、外国人選手に放言連発 「頑張っても興味ない」「MLBの打者はヘナチョコ」

張本勲氏、外国人選手に放言連発 「頑張っても興味ない」「MLBの打者はヘナチョコ」

張本勲氏、外国人選手に放言連発 「頑張っても興味ない」「MLBの打者はヘナチョコ」

31日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が外国人選手差別とも取れる発言を連発し、猛批判を浴びている。

■「外国人選手は興味がない」と発言

張本氏はサッカーJ1リーグ・ヴィッセル神戸が外国人選手の活躍で勝利した様子を見ると、

「まあ個人プレーはどうでもいいから。チームの勝ち負けやってくださいよ。外国人が頑張っても、私あまり興味がないから」

とバッサリ切り捨ててしまう。

■「結果を見せろ」と要求

これを聞いた関口宏は「ホント? でも神戸凄いよ、やっぱりあの3人(外国人選手)は」と反論。すると張本氏は

「まあ、それだけ給料もらってるからね。あまり興味ないから、どっちが勝ちました? ちょっと見せてくださいよ。そうして行きましょうよ、早く」

とまくし立てた。

■MLBの話題でも…

張本氏はアメリカメジャーリーグ・ヤンキースの田中将大投手が開幕戦で勝利したことや、マリナーズの菊池雄星投手が登板した話題でも、

「田中は良かったねですね、勝ちましたから。裏を返せば、アメリカも良いピッチャーいないんだね。名門ヤンキース? 開幕ピッチャーっていうのはものすごく名誉があるからね。

おそらく菊池も10勝くらいは勝つと思います。相手もヘナチョコバッターばっかりだもん」

と発言する。この日の張本氏は終始「不機嫌」そうにしており、不用意といわれても致し方ない言動が目立った。

■視聴者は猛批判

張本氏の発言に、ネット民は激しい非難の言葉を浴びせている。

張本いなくなって欲しい。
これがこの人の売りだから・・っていう人もいるけど、同じスポーツなのに自分の興味が無いスポーツ、選手には全く敬意を払わない態度マジムカつく。
大沢親分は、他のスポーツにも選手にも敬意があったし、愛があった上での「カツ」だったんだよ。#サンデーモーニング

— 鷹栖@色々迷走中 (@Yahiro_z) March 31, 2019

サンデーモーニングの張本さぁ
サッカー興味無いんはええけども全国ネットで「外国人が活躍しても興味ないから」とかわざわざ言わんでええんじゃジジイ?
軽くでいいからいい事言われんのかい

— きょうすけ( ??? ) (@kyo_VISSELKOBE) March 31, 2019

興味ないからやめようって、あなたの番組ではないし。ヴィッセル神戸に、イニエスタに、世界のスターに興味がある人は多いんだよ! 張本さん!楽しみにしてたのに映像だけで終わってしまってガッカリだ!!もう観ないぞこの番組。 #サンデーモーニング

— イオ (@dmk_ll) March 31, 2019

張本さん
外国人がいくら頑張っても
興味ない
(ヴィッセル神戸に対して)
これはさすがにダメじゃない?

例えばメジャーリーグだって
アメリカからすれば
日本人選手は外国人
そんな環境で
同じ発言されたら
腹立つだろうに…
スポーツの根本を
否定してる発言にさえ
聞こえる#サンデーモーニング

— 未熟な物書き(素人) (@i_dai_okinawa) March 31, 2019

#サンデーモーニング
張本の発言は
Jリーグサポーターを
敵に回したね!

あまりにも
酷い発言です!

興味がないなんて
コメンテーターが
発言する事ではないのでは?

情けないです!

— nakamura (@ganngannsmassyu) March 31, 2019

■暴言と取られても致し方ない発言

野球・サッカー問わず本場で揉まれた外国人選手が日本でプレーすることは、良い「手本」となる。歴史を見ても、来日した外国人選手から日本人は技術を学んできた。

また、メジャーリーグは野球の本場であり、日本野球が学ぶべきものは多いはず。そこでプレーする選手を「ヘナチョコ」と言ってしまうのは、暴言と取られても致し方ない。

チームのために異国の地で頑張る選手や、野球の本場でプレーする選手を「興味がない」と吐き捨ててしまった発言は、非常に残念だ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)