ストーカー化する不届きな輩も 「行き過ぎたファン」を心配する人の割合は…

ストーカー化する不届きな輩も 「行き過ぎたファン」を心配する人の割合は…

ストーカー化する不届きな輩も 「行き過ぎたファン」を心配する人の割合は…

(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ファンの中でも、芸能人にガチで恋をしている人は「ガチ恋」と呼ばれる。ひっそりと恋心を秘めておく分には問題なさそうだが、時にはストーカーや自分の存在を認識させるための嫌がらせなど、過剰な行為で有名人の頭を悩ませるファンもしばしばいるようだ。

しらべぇ既報にもある通り、関ジャニ∞のメンバーである大倉忠義も被害者の一人。ファンクラブ内のブログで、執拗な付きまといや、カバンの中に物を入れられるなどの嫌がらせを受けたことを明かしている。

■6割「行き過ぎたファンが多い」

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の1,589名を対象に調査を実施。その結果、全体の56.2%が「行き過ぎたファンが多いと思う」と回答した。

また、男性は56.9%、女性は55.5%と、ほぼ差はなく男女ともに懸念している様子がうかがえる。

■中高年は困惑気味?

さらに、この調査結果を男女年代別で見てみると…

男女ともに50代・60代の割合が高いことが判明した。インターネットが普及し、住所や居場所を特定することが安易な時代となった昨今。昔と比べ、現代の「行き過ぎたファン」の様子に、驚きを隠せないようだ。

■北と南で異なる価値観も

また、「行き過ぎたファンが多いと思う」と回答した割合を、エリア別で見てみると…

九州・沖縄の割合がもっとも高く、その結果は67.8%まで及んだ。一方、一番割合が低いのは北海道で48.7%。日本の北と南で、過剰なファンに対する価値観が大きく異なるという興味深い調査結果となった。

(文/しらべぇ編集部・ほうき)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日
対象:全国20代〜60代の男女1,589名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)