世界三大美女も歌に詠んだアノ悩み? 現代人は意外にドライだった

世界三大美女も歌に詠んだアノ悩み? 現代人は意外にドライだった

世界三大美女も歌に詠んだアノ悩み? 現代人は意外にドライだった

(liza5450/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

「世界三大美女」といわれる小野小町も、その様を和歌にして詠んだ「恋わずらい」。

恋い慕う気持ちがつのりすぎて、病気のようになることであり、時代を問わず語られてきたテーマである。文明が発達した現代ではどのように考えられているのだろうか。

■現代人は恋愛にドライ?

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「恋わずらいになりがちだ」と答えた人は、全体のわずか17%という結果に。

男女比では、男性は13.6%、女性は20%と約7ポイントの差がひらき、女性のほうが恋の病になりがちの模様。

男性は1点集中型、女性は同時に複数の作業を行う「マルチタスク能力」が高いといわれているが、その差だろうか。何をしていても恋が頭から離れない人が多いのかもしれない。

■恋に純粋なのは30代女性?

男女年齢差で見ると、10代女性が27.5%、20代女性が31.0%、30代女性は32.5%と、若い女性が「恋わずらいになりがち」と回答。

20代は男性17.9%で、女性との差は約13ポイント。30代に至っては、男性は15.8%で、女性とは約17ポイントと大きく差がひらいた。

30代というと、仕事も面白くなってくる時期の男性も多いだろう。「私と仕事どっちが大事なの?」と、おきまりのセリフがあるが、ここでもそういった男女の考えの差が現れているのかも。

■恋愛に対する考え方で大きな差が

また、常に恋愛を求める「恋愛体質」か否かで、恋わずらいになりがちかどうか、変化はあるのだろうか。

結果、「恋愛体質の人」はほぼ同じ割合のようだが、「恋愛体質ではない人」では「恋わずらいになりがち」は11.2%、「なりがちではない」人は88.8%と大きく差が開いた。

恋をする気持ちはその時々で、コントロールができないもの。普段から恋愛体質かどうかはあまり関係ないのかもしれない。

春は出会いの季節。新生活で多忙な人も多いかと思うが、時には誰かを慕って「恋わずらい」をしてみてもいいのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)