張本勲氏、「生意気な捕手を意図的にバットで殴った」と告白し物議 「自慢にならない」と批判も

バレンティンのバットが捕手に激突 張本勲氏"自分は意図的にやった"と発言し物議

記事まとめ

  • 4日のヤクルト対DeNA戦で、バレンティンの空振りしたバットが伊藤光の後頭部に激突
  • TBS『サンデーモーニング』で張本勲氏は「意図的にやっていない」と解説した
  • 張本氏はさらに、野村克也氏に"意図的にやったことがある"と発言、物議を醸している

張本勲氏、「生意気な捕手を意図的にバットで殴った」と告白し物議 「自慢にならない」と批判も

張本勲氏、「生意気な捕手を意図的にバットで殴った」と告白し物議 「自慢にならない」と批判も

張本勲氏、「生意気な捕手を意図的にバットで殴った」と告白し物議 「自慢にならない」と批判も

7日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が語った現役時代の「ある行動」が物議を醸している。

バレンティン選手のバットが捕手に激突

発言のきっかけとなったのは、4日の東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦。伊藤光捕手が盗塁阻止のため二塁に送球しようとしたところ、打者のウラディミール・バレンティン選手が空振りしたバットが後頭部に当たり、倒れ込んでしまったのだ。

この行動は守備妨害となり、盗塁に成功したランナーは一塁へと戻される。正当な判定だと思われるが、バットを当てたバレンティン選手が抗議したため、ベイスターズファンなどから批判されていた。

■「意図的にやったことある」と告白

これを見た張本勲氏は、「あれは自然なんですよ。意図的にやってませんから」と解説。そのうえで、

「私ら意図的によくやりましたから。生意気なキャッチャーならよくやりましたもん。野村(克也)さんに1回やったことがあるもん。ごちゃごちゃいうから『ゴーン』とやったの。『お前にはもう言わないからな』と言ってましたけどね」

と、わざとバットで捕手を殴った経験を明かした。ちなみにこのエピソードは野球ファンの間では有名で、野村克也氏が一緒に風呂に入った際に見た張本氏の「小さな獅子唐」を、試合でなじったことが原因だと噂されている。

■ネット民から「不適切」の声

昭和のおおらかな時代を表したエピソードだが、ネットユーザーからは「不適切」「張本氏に喝」など糾弾の声が広がっている。

久々にサンデーモーニング見たけど張本相変わらずですね!
ノムさんにバット当てたとか自慢にならんでしょ?#サンデーモーニング

— アツシー^_^ (@osienaiyo2) April 7, 2019

相変わらずサンモニで張本がとんでもない発言しとるね。。。生意気なキャッチャー相手にスイング後のバットをわざと当ててたらしいよ本人曰く…な〜んでこんな人がご意見で渇やら偉そうに言えるんですかねぇ…

— とし (@tenpura86) April 6, 2019

さすが張本。やることが陰湿。それを偉そうに言うんだから、やはり老害。 #サンデーモーニング

— しんうえもんA (@Shinuemon_6215) April 6, 2019

子供が見てる時間帯なのに、過去の武勇伝を自慢すな!
張本さん!!
#サンデーモーニング

— 喜久ラブ@すぐおいしいチキラー大好き (@kikulove1449) April 6, 2019

■立場上不適切な発言か

張本勲氏が若手時代に所属していた東映フライヤーズは血気盛んな選手が多く、同氏はそのなかでも代表格といわれていた。

もちろん現在では時効なのだが、若い選手に苦言を呈すコメンテーターとしてその話をすることは、立場上不適切だったかもしれない。

ちなみにしらべぇ編集部が、全国20〜60代の張本氏を知る男女954名を対象に張本勲のコメントは正しいと思うか聞いた調査では、残念ながら8割が「正しくない」と感じていることがわかっている。

『サンデーモーニング』内で選手の非紳士的行為を糾弾することも多い張本氏。そんな立場の人間が「バットでわざと捕手を殴った」と語ったことに、視聴者は違和感を覚えたようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の張本勲氏を知っている男女954名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)