実の娘への準強制性交を訴えられた父親に無罪判決で非難轟々 「絶望した」の声も

記事まとめ

  • 当時19歳の実の娘への準強制性交罪に問われていた父親に無罪判決が言い渡された
  • 娘は中学2年生の頃から性的虐待を受け続けたと主張、弁護側は抵抗可能だったと反論
  • 「抵抗不能な状態だったと認定はできない」との判決にネットでは激しい怒りの声

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております