佐藤二朗、生涯3度目のキスシーン その結末に「かわいそう…」「爆笑した」

佐藤二朗、生涯3度目のキスシーン その結末に「かわいそう…」「爆笑した」

佐藤二朗、生涯3度目のキスシーン その結末に「かわいそう…」「爆笑した」

(画像は佐藤二朗Twitterのスクリーンショット)

俳優の佐藤二朗が自身のツイッターを更新し、俳優人生で3度目となったキスシーンについて言及。悲しい結末に、ファンからは爆笑が相次いでいる。

■「だ、だ、大丈夫だよ」

「お、俺、こ、個人的に、さ、さ、3度目となる、き、き、き、キスシーンの撮影が、これからある、わ、わ、訳だが、まあ、さ、さ、3度目ともなると、ま、ま、まったく、な、な、慣れたもので、ぜ、ぜ、全然、お、お、落ち着いてるから、だ、だ、大丈夫だよ」とつぶやいた佐藤。

慣れたもの、落ち着いていると言いつつも、噛みまくりな投稿である。

お、俺、こ、個人的に、さ、さ、3度目となる、き、き、き、キスシーンの撮影が、これからある、わ、わ、訳だが、まあ、さ、さ、3度目ともなると、ま、ま、まったく、な、な、慣れたもので、ぜ、ぜ、全然、お、お、落ち着いてるから、だ、だ、大丈夫だよ。

— 佐藤二朗 (@actor_satojiro) April 3, 2019

しかし、これが盛大な前フリになってしまうとは、このとき、当の本人も知らなかった……。

■頬だった

翌日、ツイッターを更新し、キスシーンについて綴った佐藤。結論を述べると、口ではなく頬だった様子。

キスシーン経験2度の豊富な実績を誇る彼にとって、頬にキスというのは朝飯前の行為だったようで、「はははは」「まぁ余裕だったね」と軽く笑う。

しかし、その後はキスシーンについて本音を述べ、1度目は20年の前になり、2度目に至ってはカットされてしまったことを告白。

そして、「今回は頬っぺ…誰か書きやがれ俺にキスシーン」と嘆いたのだった。

口じゃなかった。勝手に気負ってたら監督が「いや、頬っぺに軽くチュでいいですよ」と。はははは。まぁ余裕だったね。なにせ3度目だからさ。ベテランの域だよね。ちなみに2度目はカットされ、1度目はもう20年くらい前で、今回は頬っぺ…誰か書きやがれ俺にキスシーン。

— 佐藤二朗 (@actor_satojiro) April 4, 2019

■「かわいそう」「ムロさんと……」

この投稿に対し、ファンからは「かわいそう」「ムロツヨシとキスしよう」などの声が。

「かわいそうに笑」

「やるにしても男とにされそう ムロさんとか」

「ジロさんで50回目のファーストキスリメイクします?」

「ムロさんが出来たなら二朗さんに出来ないものはありません」

「口、尖らせて待機していたのかな笑」

■キスシーンを妄想するのは…

しらべぇ編集部では以前、全国20代〜60代の男女1,365名に「なにかしらの理由でキスシーンの仕事がきたら受けるか」 という調査を実施。

もっとも多かったのは60代以上の男性で39.4%で、全体的に見てもすべての年層で女性より男性のほうが多い結果となっている。

佐藤の、マウストゥマウスなキスシーンが見られる日は、はたして来るのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)