記者会見で時おり見られる「意味不明な質問」 ゲンナリしたことがある割合は…

記者会見で時おり見られる「意味不明な質問」 ゲンナリしたことがある割合は…

記者会見で時おり見られる「意味不明な質問」 ゲンナリしたことがある割合は…

(suriya silsaksom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

政府関係や謝罪会見、芸能人の結婚発表など、さまざまな場面で行われる記者会見。テレビ、新聞、雑誌、しらべぇを含むネットメディアなど、多くの記者が詰めかける。

取材陣からは、切れ味鋭い質問が飛ぶ一方で、中には「それを聞く意味があるのか?」と思えるような、意味不明な質問に違和感を覚えたことがある人もいるのではないだろうか。

■5割以上が「質問にゲンナリ」

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の54.1%が「記者会見の意味不明な質問にゲンナリしたことがある」と回答した。

男性は50.9%だったが、女性では57.2%と6割に迫り、女性のほうが記者たちの無意味な質問に不快感を覚えていることがわかる。

イチローの引退会見のように、うまく切り返すインタビュイーもいるが、わけのわからない質問に会見者が当惑している様子を見たい人は、たしかに少ないだろう。

■中高年は厳しい視線

今回の調査結果を男女年代別で見てみると…

もっとも割合が高かった世代は、50代男性で64.4%。60代女性が62%で続く。一方、20代は男女とももっとも低く、上の世代のほうがメディアに対して厳しい視線を送っているようだ。

■フリーランスは辛口か

この調査結果を職業別で検証すると、興味深い傾向が見えてきた。

もっともゲンナリ率が高かったのは、フリーランスの人たちで71.4%。自営業(65.1%)、経営者(62.5%)など、自分でビジネスをやっている人たちも厳しい。

一方、大きな組織に属している会社員や公務員、学生などは、あまりそうした印象を覚えていないこともわかった。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日
対象:全国20代〜60代の男女1589名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)