『水曜日のダウンタウン』出演者が撮影時の状況つぶやき騒然 「当日行ったら…」

『水曜日のダウンタウン』出演者が撮影時の状況つぶやき騒然 「当日行ったら…」

『水曜日のダウンタウン』出演者が撮影時の状況つぶやき騒然 「当日行ったら…」

(artisteer/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

10日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「武道の達人」たちの実力を検証する企画を放送。

番組放送後、出演者が撮影時の状況について明かすツイートを連投し、その内容が話題となっている。

■背後からの刺客に達人たちが完敗

話題となっているのは、「達人であっても背後からの気配を実際に感じることは不可能説」を検証する企画。

達人が商店街のアーケードを歩き、その間に通行人を装った10人の刺客が背後から「ハリセン」などで攻撃してくる。背後に迫る刺客の気配を感じ取り、攻撃を両手で防ぐことができればチャレンジ成功、というもの。

この企画に空手や合気道など武道を極めた3名の達人が挑戦するも、3名とも背後の気配を感じ取ることはできず、1人目の刺客にあっさりと攻撃を許してしまう結果となった。

■達人が撮影時の状況を吐露

この企画に達人として出演した武道家・真仙明氏は、放送後に自身のツイッターを更新。「水曜日のダウンタウンに出演させていただきましたが…」と切り出し、「いざ東京に行くと、本当に水ダウはガチだなと」とつぶやく。

続けて「前日まで具体的な内容どころか現場も知らされず、当日行ったら説明もそこそこに『はい、やってください』ということだった」と、やや大雑把な番組の対応や撮影時の状況について明かした。

■真仙氏「水ダウはガチ」

また、真仙氏は自身の結果を踏まえ「結果、撮影終わりにスタッフに言い訳してくださいと言われていたので苦しい言い訳をさせてもらったんですけど、正直言うと自分の『実力不足』です」とコメント。

「テレビはやらせが多いという話ですが、水ダウはガチだとわかっただけでも出た甲斐がありました」と、バラエティ番組へのヤラセ疑惑が取り沙汰されている中、同番組は「正真正銘のガチ」であることを明言した。

水曜日のダウンタウンに出演させていただきましたが
「達人なら後ろの攻撃をかわせる?」企画に出た経緯
スタッフ曰く、数十人ぐらいの達人全員に声を掛けたらしいです

それでほぼ断られたと。
だから、自分みたいな最若手に声を掛けられたんですよね

— 真仙 明 (@sinsenakira) April 10, 2019

■ツイートに多くの反響

真仙氏の一連のツイートは視聴者からの「いいね!」が相次いでおり、多くのユーザーによってシェアされている状況だ。

「ちゃんと説明して下さる、その姿勢が素敵です。『水曜日』はさすがだな笑」

「なにをもって気配として感じるか判断するのかによるし。そのための事前準備もなしには不可能でしょ。何のために昔の人が鶯張り作ったり、玉砂利敷いたりしてるのか? だよね」

中には、「あの状況では無理だと思う」と、真仙氏らに同情する声も。

事前に詳しい情報が伝えられないなど、達人たちは戸惑いながら企画に臨んでいたことが伺える同企画。事前準備をさせないための対応だとも推測でき、同番組の「ガチ」「リアル」さが証明されるかたちとなった。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

関連記事(外部サイト)