ハイヒール・モモコのキャラ弁がヤバすぎる 「汚弁当ヤバい」「怖すぎてビビる」

ハイヒール・モモコ『有吉反省会』でキャラ弁紹介 指原莉乃らに無理矢理食べさせる

記事まとめ

  • ハイヒール・モモコが日本テレビ『有吉反省会』でキャラ弁当を紹介し話題に
  • 「汚いとかの問題じゃなくて、怖すぎてびびる」と視聴者から驚愕の声があがった
  • モモコは博多大吉や指原莉乃、北陽・虻川美穂子らに弁当を無理矢理食べさせた

ハイヒール・モモコのキャラ弁がヤバすぎる 「汚弁当ヤバい」「怖すぎてビビる」

ハイヒール・モモコのキャラ弁がヤバすぎる 「汚弁当ヤバい」「怖すぎてビビる」

ハイヒール・モモコのキャラ弁がヤバすぎる 「汚弁当ヤバい」「怖すぎてビビる」

(bonchan/iStock/Thinkstock)

13日深夜放送『有吉反省会』(日本テレビ系)に関西で活躍する女性漫才師のハイヒール・モモコが登場。娘のために手作りするキャラ弁当を紹介したのだが、「ヤバすぎる」と大きな話題を集めている。

■ママタレの先駆け

1982年にハイヒールを結成。現在も関西で大活躍中のモモコは2男1女の母として子育てにも奔走している。

芸人業だけでなく、雑誌で料理を披露するなどママタレントの先駆け的存在のモモコだが、この日は「子供に作るお弁当が汚い」ことを反省するため番組に登場した。

■衝撃のキャラ弁

「友達の前でこんなお弁当を広げる娘が可哀想」とファンが心配するキャラ弁が紹介されていく。

View this post on Instagram

さぁ、300投稿目、お待ちかねキャラ弁シリーズ 今回はコレ! ピンクのワンピースの女の子!学校に持ってってあけたらバラバラ死体弁当と思ったらしい! 宮迫には、内臓飛び出てる、言われたわ!笑っ . 帯状疱疹後神経痛のことも、また、お知らせします。

A post shared by ?ハイヒール・モモコ? (@highheel_momoko) on Dec 10, 2018 at 3:03am PST

View this post on Instagram

100枚目の投稿やで!と娘に言われたんで、記念の物をとキャラ弁が流行った当時、娘に初めて作ったくまモン弁当!を投稿します。 目が難しすぎて、プリキュアのカマボコの目をくり抜いてウインナーの端をホッペに! 出来たても怖いけど、学校で食べるときには、顔の部品が全部落ちててタダの黒焦げ焼死体だったらしい! 明るく残さず食べた娘に金メダルをあげたいわ? . #ハイヒールモモコ #? #?? #CHANEL #シャネラー #グルメ #キャラ弁 #くまモン #くまモン?

A post shared by ?ハイヒール・モモコ? (@highheel_momoko) on Feb 15, 2018 at 1:50am PST

「キュウリがカバン、お買い物に行く女の子」や「くまモン」など独自の感覚で作り出されたキャラ弁の数々にスタジオは困惑。そんななか、この日も有吉弘行のためにモモコが腕をふるったキャラ弁が用意された。

気乗りしない有吉らが、ほかの誰かに食べさせようと遠慮し合うと「みんなで譲り合ってたら娘が可哀想」とモモコのツッコミが飛ぶ。試食した面々は、コロッケやウインナーなど市販のモノに口をつけ、なんとかその場をごまかした。

■視聴者も驚愕

「キャラ弁を誰かが完食するまで帰れない」という禊を突きつけられたモモコ。事務所の後輩・博多大吉や番組出演者の指原莉乃、別番組の収録に来ていた北陽・虻川美穂子などに無理矢理食べさせ、最終的に番組スタッフにもふるまい禊を終えた。

タレントたちも敬遠したその衝撃のキャラ弁に、視聴者からも、驚きの声が漏れている。

モモコ様のお弁当。汚いとかの問題じゃなくて、怖すぎてびびる。
(有吉反省会

— 明香asuka (@aska_mg5) April 13, 2019

モモコ師匠の汚弁当めちゃくちゃツボwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

— こよみ (@koyomi_melo_) April 13, 2019

モモコ姐さんの汚弁当やばいwww

— みーた。 (@nekosuisan) April 13, 2019

モモコねーさんのお弁当さすがやww
私キャラ弁は絶対作られへんやろうなw

— でんちゃん☆彡 (@rstmry_m) April 13, 2019

■2割が「料理に自信あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,357名を対象に調査したところ、女性の約2割は「料理の腕前に自信あり」と回答している。

(?ニュースサイトしらべぇ)

長年、母・主婦を務め、雑誌にも料理を披露していたモモコだが、食事は「ほぼ外食」と断言していたことからも腕前には自信が無いのかもしれない。

それでも娘のために、例え見栄えは悪かろうとキャラ弁に挑戦する「母の優しさ」は高く評価すべきだろう。娘にとっては災難かもしれないが。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代男女1,357名

関連記事(外部サイト)