マツコ、自分の精子を無断で体外受精していた男性医師に持論 「クソみたいな…」

マツコ、自分の精子を無断で体外受精していた男性医師に持論 「クソみたいな…」

マツコ、自分の精子を無断で体外受精していた男性医師に持論 「クソみたいな…」

(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

オランダの男性医師が自分の精子を使って無断で体外受精をし、49人の父親だと判明したことが報じられている。15日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、この話題を取り上げ、マツコが持論を展開した。

■自分の精子で体外受精、子供の数は49人

欧州メディアによると、オランダ南部ロッテルダム郊外にある不妊治療クリニックの院長を務めていた男性医師が、治療を受けた女性に無断で自分の精子を使って体外受精をしていたことが判明。少なくとも49人の子供が産まれていたようだ。

クリニックは、医師によるデータやドナー情報の改ざん問題などの疑惑がもたれている中、2009年に閉鎖。男性医師は2年前に89歳で死去している。

■「目の色が違う」「男性医師に似ている」

2017年、医師の精子を使って体外受精をしていた疑いが浮上。クリニックで治療を受けた女性や体外受精で生まれた子供がDNA鑑定を求め、訴えていたという。

というのも、治療を受けた女性のなかには「青い目の色をしたドナーから精子提供を受けたにも関わらず、誕生した子供は茶色の目をしていた」「見るからに男性医師に似ている」などの声もあったようだ。

また、ほとんどの子供は1980年代に誕生しているようだが、自身の精子を他の施設にも送っていたことから、子供の数はもっと多い可能性もあるそうだ。

■「クソみたいな奴だったかも」

この報道を受け、マツコ・デラックスは男性医師に対して「自分の子孫をいっぱい作りたいというエゴなのか、もしくは面倒くさかったから」と持論を展開。

本来、第三者から提供された精子は、液体窒素で凍結し「精子バンク」で保存することが必要だが、医師は精子提供者を見つけることや精子バンクへの手続きが手間が面倒だったのではと推測。

「面倒くさかったから、ピュピュピュって。クソみたいな奴だったかもしれないわね」と述べた。

■1割の女性が妊活を経験

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の女性670名を対象に「妊活」経験者の割合を調査した。その結果、「ある」と答えたのは全体の10.3%。年代別で見てみると、30代女性は5人に1人が「経験アリ」という結果に。

30代に突入し、子供を授かりたいときに思い通りに妊娠できず、将来を見据えて「妊活」に取り組む人もいるのだろう。年齢の問題だけではないため、20代でも決して他人事ではないだろう。

医師の体外受精から生まれ、11年間父親を探し続けていたという男性は「真実が明らかになって嬉しい」と前向きなコメントを残しているが、自分勝手な行動には、複雑な心境の者もいるだろう。

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年1月22日〜2016年1月24日
対象:全国20代〜60代の女性670名

関連記事(外部サイト)