藤田ニコル、盗撮被害に「本当にしんどい」 心境吐露にきゃりーも反応

藤田ニコル、盗撮被害に「本当にしんどい」 心境吐露にきゃりーも反応

藤田ニコル、盗撮被害に「本当にしんどい」 心境吐露にきゃりーも反応

モデルでタレントの藤田ニコルが、プライベートでもおかまいなしに盗撮する人間に対し、苦言を呈している。

■「沢山目があるみたい」

自身のツイッターに「やっぱり盗撮にはなれない」と書き出し、「スーパースター気分で堂々としてればいいのだけど、ずっとカメラ向けられると縮こまっちゃうし沢山目があるみたいでずっと下見ちゃう」と執拗に隠し撮りしてくる人がいることを明かした。

続けて「撮ってる人はカメラずっと向けられた事あるのかな?」と訴え、こういった書き込みをすると、批判的な意見が寄せられることも予想してか、「(どうせ芸能人なんだからと、だったら芸能人辞めれば)って言われるのはもう知ってる!」とツイートした。

やっぱり盗撮にはなれない。スーパースター気分で堂々としてればいいのだけど、ずっとカメラ向けられると縮こまっちゃうし沢山目があるみたいでずっと下見ちゃう。撮ってる人はカメラずっと向けられた事あるのかな?(どうせ芸能人なんだからと、だったら芸能人辞めれば)って言われるのはもう知ってる!

— 藤田 ニコル(にこるん) (@0220nicole) April 15, 2019

■「私は人間です」「本当にしんどい」

藤田のツイートには、散々同じ目に遭っているであろう、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅも反応。「芸能人なら勝手に撮っていいだろみたいなのなんなんだろうね」とのコメントを残している。

きゃりーの言葉に対しては「携帯で沢山撮られてても私はミッキーマウス様のような神々しい対応はできません。。私は人間です。。」と返答。さらに「テーマパークとかに関してはたまにガチのカメラで盗撮だし本当にしんどい」と心境を吐露。

多くのコメントにも見られるが、藤田のファンというよりも、たまたま芸能人を見かけたファンではない人による行為である可能性も高いだろうが、これまでもマナーについて訴えてきたにも関わらず、改善されず疲れている様子がうかがえる。

■約1割が盗撮被害者

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,664名を対象に調査を実施。その結果、全体の11.7%が「盗撮被害に遭ったことがある」と回答した。男女別では、男性11.8%、女性11.7%と男女の差ほぼないことが判明。

さらに、男女年代別で見てみると…

もっとも高いのは男女ともに30代で女性15.9%、男性15.5%。続いて、20代女性13.5%、男性12.8%であることがわかった。

現在は、多くの人が必要不可欠なアイテムでもある携帯電話。高機能カメラがついたスマホの普及が、悲しいかな盗撮被害率に拍車をかけているようだ。

■「自分だったら」と考えるべき

しらべぇ既報だが、俳優の賀来賢人も、盗撮風ショットを自身のインスタに投稿し「本当にそろそろやめてね」とユーモアを交えながらも盗撮への嫌悪を訴えている。このときも「芸能人だから仕方ない」「有名税だから」との意見が寄せられた。

しかし、藤田が訴えるように「自分がカメラずっと向けられたら…」と、想像することや、盗撮されていることに困惑している表情などに、もっと敏感になるべきではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1664名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)