過去には凄惨な事件も… 8割の人が「お金は人を変えてしまう」と心配

過去には凄惨な事件も… 8割の人が「お金は人を変えてしまう」と心配

過去には凄惨な事件も… 8割の人が「お金は人を変えてしまう」と心配

(Kritchanut/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

わたしたちの生活に欠かせない「お金」。個々で必要とする額は違うものの、現代社会で生きるためには必要不可欠と思われる。「お金」によって、人生の充実度も多少なりとも左右されるのではないだろうか。

■「お金」に壊された人生の末路

しかし、お金がらみで身を滅ぼすというのは、現実でも昔語りでもよくある話だ。

たとえば、イギリスのマイケル・キャロルさんは、2002年に宝くじで約15億円を当てたものの、ドラッグやギャンブルにおぼれ、ついにはコカイン所持などの罪で逮捕。犯罪者となってしまった。

さらに日本では、2016年に盛岡市でおきた放火殺人事件で、兄弟が死亡。遺産相続を巡ったトラブルが原因とも言われている。やはり、お金は人を変えてしまうのだろうか…

■お金の怖さを感じる人は約8割

そこで、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1732名を対象に調査したところ、「お金は人を変えてしまうと思う」人は、全体の82.0%。約8割もの人が「お金」の怖さを感じているようだ。

男女別では、男性は79.3%、女性は84.5%と、いずれも高いが、女性がやや多めの傾向。女性のほうが、お金に対し慎重な人が多いのかもしれない。

■高齢者層は人のもろさが見える?

さらに男女年齢別で見ると、「変えてしまう」と答えた人は、全体的に高い割合のなか、50代・60代は男女とも高ポイント。

年齢を重ねるにつれ、経験も豊富になり、人間の様々な面も見えるのかもしれない。

■所得の高い人ほど「変わらない」

一方、年収別で見ると、年収の高い人ほど、割合が低い結果。お金を持っている人は、自分の経験から「変わらない」という感想を抱く人が多いのかもしれない。

とても大切な「お金」。自分の身の丈に合う生活に、幸せをもたらすひとつの道具として考えたいものである。

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)