『週刊ポスト』が報じたテレ朝女子アナの「禁断愛」 同棲相手はNHK枝野番記者

『週刊ポスト』が報じたテレ朝女子アナの「禁断愛」 同棲相手はNHK枝野番記者

『週刊ポスト』が報じたテレ朝女子アナの「禁断愛」 同棲相手はNHK枝野番記者

テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』のMCを務める同局政治部記者の村上祐子アナウンサーが、「NHK政治部記者と同棲するという禁断の職場恋愛をしている」と、15日発売の『週刊ポスト』が報じている。

■記者としても活躍

村上元アナは入社2年目にして朝の情報番組『やじうまプラス』のメインMCに就任。その後は報道畑を歩み、『ANNニュース』『スーパーJチャンネル』『ザ・スクープスペシャル』などを担当した。

2011年からは「朝生」のMCを務めて、同番組司会でジャーナリストの田原総一朗氏から寵愛を受け、15年に報道局政治部に異動し記者として取材にあたってきた。一方、私生活ではアナウンス部時代の2006年に同僚の元男性アナと結婚している。

村上氏は昨年まで野党番を担当していて、昨年末に官邸番へと移動となった。野党の党首・幹事長の記者会見には参加し積極的に質問したり、政治家に夜討ち朝駆けするなどしていて、アナウンサー出身ゆえの端正な顔立ちから、「野党番の華」とも言われていた。

■青山霊園で花見デート

『週刊ポスト』では、今月初旬に村上元アナが30代前半という年下のNHK政治部記者と、東京・青山霊園で花見デートをした後、そのまま同記者の超高級マンションに入り、翌朝まで出てこなかったと伝えている。

2人が青山霊園を散策するツーショットも併せて掲載された。テレビ朝日関係者は村上アナが15年に政治部に異動した後、夫とは別居し、記者の家が生活拠点になっているとする証言している。

■お相手は「枝野番」記者

全国紙記者は語る。

「政治部の野党番記者ですと、各社・各局の記者が朝から時には深夜までともに行動をすることが多い。家庭でパートナーと過ごす時間よりも、職場の仲間と過ごす時間のほうが圧倒的に長い。そこから恋路に陥ってしまっても、理解はできます。

村上さんのお相手とされるのは、NHK政治部記者で、立憲民主党・枝野幸男代表の番記者であると言われています。180cm以上の長身で知られています」

■「報道の顔」としての期待も

今回の報道を残念がるのは、テレ朝関係者だ。

「村上さんはキャスターとしてはベテランで、きっちり原稿が読める上、記者となって取材力もついた。自分の意見を明確に伝えることができる才女です。

この春、小川彩佳、宇賀なつみという人気女子アナ2人が相次いで退社し、堅実で十分な実績がある村上さんに『報道の顔』に返り咲いてもらう期待があった。

しかし、女子アナウンサーの『禁断の愛』は御法度。報道番組のキャスターが期待されていただけに、残念がっている人が多いです」

同棲相手の自宅から出社するところを『週刊ポスト』記者が村上アナに直撃しているが、「ごめんなさい。プライベートなことは………。すみません」と答えて去って行ったという。村上さん、朝まで何をなさっていたのですか?

(文/及川健二 撮影/酒井佑人)

関連記事(外部サイト)