テリー伊藤、山口真帆暴行事件を「ラブストーリー」と表現し批判 「仲良くやれ」発言も物議

テリー伊藤がTBS系『サンデージャポン』でNGT48山口真帆に「仲良くやればいい」

記事まとめ

  • テリー伊藤がTBS系『サンデージャポン』で山口真帆について独自の見解を示した
  • テリーは「もう一度NGT48に戻りスターになることを目指すべき」と発言した
  • 「これはラブストーリー」と力説し、「ありえない」「酷すぎる」など批判が殺到した

テリー伊藤、山口真帆暴行事件を「ラブストーリー」と表現し批判 「仲良くやれ」発言も物議

テリー伊藤、山口真帆暴行事件を「ラブストーリー」と表現し批判 「仲良くやれ」発言も物議

テリー伊藤、山口真帆暴行事件を「ラブストーリー」と表現し批判 「仲良くやれ」発言も物議

21日の『サンデージャポン』(TBS系)で、テリー伊藤がNGT48山口真帆暴行事件について独自の見解。その内容が物議を醸している。

■山口真帆のAKB48移籍説に言及

番組は、21日に開催されるNGT48の公演に山口真帆が出演する予定であることを紹介。山口が有料メールで「明日が来てほしくない」などと話している様子や、グッズ販売が中止されることになったニュースを取り上げる。

そしてAKB48への移籍話があることが語られ、SKE48・須田亜香里は「もしも本人が望むのであれば、それでアイドルが続けられるのであれば…」と容認するようなコメントをした。

■テリー伊藤が「もう一度NGTでやるべき」とコメント

これに反論したのがテリー伊藤。暴行被害を受け、NGT48メンバーも関与していると噂されている状況だが、「別に仲良くもう一度やればいい」と声を上げる。

さらに

「新潟で揉めているよりも、みんな最終的にはスターになっていくわけだから、それが最終目標なんだから、もう一度秋元さんでもいいから『やろうよもう1回』って」

と、「山口真帆はもう一度NGT48に戻りスターになることを目指すべきだ」という見解を示す。

■一連の騒動は「ラブストーリー」

田中裕二はテリーの意見について、「普通の揉め事とはちょっと違って、相当事件性があるってところが問題」と指摘。西川史子も「女性同士は簡単にいかない」と反論する。しかしテリーは、

「その考え方って大人の捉え方だと思う。若い人って、それだけじゃなくて。目標があるんだから。そこのところが良ければ、また。これはラブストーリーなんですよ」

と力説。少々意図がわかりにくい発言にスタジオの出演者は黙り込んでしまい、早々に話題は次に移った。

■テリー伊藤に批判殺到

テリーの「山口真帆はもう一度NGTで活動するべき」「暴行事件はラブストーリー」という発言にネット民から「ありえない」「被害者のことを全然考えていない」など、批判が殺到している。

テリー伊藤は何言ってんの?
山口真帆さんは男2人から暴行を受けてるんだぞ?
頭おかしいんじゃねーか?
また仲良くすればいい?馬鹿じゃないの?
お前はホントにテレビに出なくていい。#サンデージャポン

— 尾美一 大活劇垢 (@obi1gintama) April 21, 2019

サンジャポでNGTについて
テリー伊藤がバカ発言。
『目標があるんだから仲良く
達成目指して頑張ればいい』
的な。
思わず西川先生が否定するも
バカ持論は続く。

襲われて死を意識する程の
恐怖だった山口さんと
黒メンバーが今後どうやって
仲良くなれるんだよ!

テリー伊藤もいらないな。

— sun (@ZlhuWiw0HonCvAH) April 21, 2019

何かテリー伊藤さん。?
山口真帆さんに「もう一度皆でやればいい。」ってさ。?
暴漢に襲われた被害者ですよ??
山口真帆さん。?
その暴漢した野郎どもと繋がってたメンバーが居る状況で、一緒に「もう一度」は無理に等しいでしょうよ。?#サンデージャポン

— ラジャー大葉(チャゲアスラバー) (@jhageoh) April 21, 2019

テリー伊藤ってなんなんだろう?
暴行事件の被害者が加害者と付き合ってるらしいメンバーと世界を目指す?
はー?
コメントが酷すぎる#サンデージャポン #テリー伊藤嫌い

— 春くん@春が来たからキュン (@ekds1112kmk) April 21, 2019

テリー伊藤、山口真帆さんのNGT48暴行事件について「これはラブストーリーですよ」発言について、どう思いますか?ありえないでしょ。

— こーたん??☆ (@kodaichiori) April 21, 2019

■好感度の低いテリー伊藤

日本テレビ系朝の情報番組『スッキリ』で長年コメンテーターを務め、現在は『サンデージャポン』や『ビビット』で独自理論を展開するテリー伊藤。

いわゆる「売れっ子」ではあるのだが、今回のような「極論」が目立つだけに炎上することも多く、好感度も低いのが現状だ。しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1474人を対象に実施した好感度調査でも、好きな人がかなり少ないことがわかっている。

山口真帆が心に深いを傷を受け、運営の不誠実な対応が各方面から批判されている一連の騒動を「ラブストーリー」と表現したテリー伊藤。

加害者と繋がりのあるメンバーが存在すると噂される状況で「もう一度一緒にやれ」と提言する彼の論理に、違和感を覚えた人は多かったようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,474名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)