愛子様を天皇にしたら日本は独立する! 『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝

愛子様を天皇にしたら日本は独立する! 『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝

愛子様を天皇にしたら日本は独立する! 『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝

漫画家の小林よしのり氏は、天皇・皇族を言論界で語るには欠かせない重要な人物だ。『天皇論』『昭和天皇論』『新・天皇論』を上梓し、どこかの学者よりも、専門的な知識に秀でていて、エンターテインメント性に優れている。

今は新しい『おぼっちゃまくん』(幻冬舎)、『ゴーマニズム宣言』(扶桑社)、『よしりん辻説法』(光文社)、『大東亜論』(小学館)に計4本を連載するほど、活躍中の大物。

還暦を過ぎたよしりん先生に、女性宮家や女性天皇について聞いてみた。

■皇太子不在時代へ

―――今年の一般参賀に皇族がおでましになるのを見て、もし、女性宮家や女性天皇を認めなければ、女性皇族はご結婚なさり、皇籍離脱され、悠仁様が即位される頃は、悠仁天皇と皇后陛下の二人しかおでましにならない、そういう寂しいイメージが脳裏に浮かびました。

小林:誰も周りにいなくなっちゃうってことになるよね。だいたい令和になったら、皇太子殿下はいなくなるからね。皇太子なしの時代に入っていくわけです。

秋篠宮殿下をなるべくそれに近いような名前「皇嗣殿下」っていう名前にして誤魔化そうっていう風に保守の連中は思ってるのかもしれないけど、新天皇と皇嗣殿下が歳が近すぎますからね。

これでは、祭祀の継承がどうにもならんじゃない。できるわけがない。基本的に祭祀の継承は、一子相伝だから子供に継がせなきゃいけない。けど秋篠宮殿下では、できないではないですか。

「祭祀はどうするの?」ということになっていくよね。どうするつもりなんだろうね。さっぱりわからない。

■次世代だから未来を感じる

「次の世代への安心感」が皇室への敬意につながる、と小林氏は語る。

小林:皇太子殿下というのは次の世代だから、未来を感じるわけですよ。でも秋篠宮殿下は歳が近すぎるから未来を感じることができない。世代が一緒だからね。

やっぱりその次の世代もいる、皇太子殿下がいるっていう安心感で、皇室への敬意が続くわけですよ。「悠仁様がいるからいいじゃないか」って人もいますけど、皇太子じゃないから祭祀の継承はどうしようもないですね。

■女性天皇の偉大な功績

―――小林先生は女性宮家にも女性天皇にも賛成ですね。

小林:まず過去に8人・10代の女性天皇がいたという事実がありますからね。それが中継ぎだからとかっていうけど、中継ぎにしては凄すぎますよ。過去の持統天皇とか、そういう業績を見たときに十分天皇の業績を残されてきている。

そもそも天皇号それ自体が出て来たのはいつかっていったら、推古天皇の時ですからね。女性天皇の時に「東の天皇、西の皇帝につつがなきや」って、ここで初めて天皇号が出てくるわけです。

自分は天皇であるって名乗ったのは、そもそも推古天皇ですからね。それ以前は天皇(を名乗った人)はいなかったんだよ。ここは本当に勘違いしちゃいけない。

神武天皇から天皇がいたっていう風に保守の連中はいうけど、神武天皇は大王(おおきみ)だからね。日本では推古天皇まで、ずっと大王、つまり王の時代が続いていたわけです。それは中国の皇帝に結局、下属してたからなんですよ。

■真の独立国への道とは

小林氏は、歴史を紐解くことで愛子様の即位へ期待をにじませた。

小林:結局、属国体制を打ち破ったのは推古天皇で、「自分は天皇だ。あんたは皇帝だ。さあ同格だ。もう王ではないぞ」と言ったのが天皇の本当の始まりなわけですよ。「この国は独立国である」といったのが天皇の意味なわけですよ。

推古天皇の時にそれをやったわけです。それで「天皇」と呼ぶという形に法律上、呼ぶようにしたのは、持統天皇です。

これも女性の天皇なわけだから、元々この国は女性天皇のおかげで独立国になったということでね、だからわしは愛子様を天皇にしたら再び独立するんじゃないかと思ってるんですよ。今はアメリカの属国でしょ、しょせんは。

わしは一生懸命、属国から抜け出そうとして、憲法を変えようとか頑張ってるけど、なかなか属国から抜け出すことができないね。

けど愛子様が即位されたならば、再び推古天皇と持統天皇に続く、完全独立体制、即ち主権回復して自主独立体制ができるんじゃないかなと思ってるんですよ。

しかも、そもそも愛子様は男系ですからね。わしは愛子様が皇太子になり、天皇になるのが一番いいと思っているよ。

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二)

関連記事(外部サイト)