神田うの、極秘入院のあとで2度目の流産 「夫に言われた言葉」は…

神田うの、極秘入院のあとで2度目の流産 「夫に言われた言葉」は…

神田うの、極秘入院のあとで2度目の流産 「夫に言われた言葉」は…

(画像は神田うの公式Instagramのスクリーンショット)

26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、モデルでタレントの神田うの(44)と、実の弟で「ハマカーン」の神田伸一郎(42)が出演。

神田が「2度目の流産」について告白し、多くの反響が寄せられている。

■2度の流産を経験していた

一昨年、神田が椎間板ヘルニアで極秘入院していたことについて、黒柳徹子は「その手術のあとに妊娠なさったんでしょ?」と言及。

神田は「いえ、してないです」と言いかけたものの、「手術後のあと妊娠したんですけど、残念ながらそれは流産したんです…」と明かした。それは、彼女にとって2度目の流産だったという。

「ヘルニアがあって、絶対来年こそはいい年になるよ、絶対いいことがあるよって言われて。それで妊娠したので『良いことがあった!』と思っていたら、3ヶ月で動かなくなっちゃって…」と打ち明けると、黒柳は「あらかわいそう…」と、神田に寄り添った。

■「夫からの言葉」は…

深い悲しみの最中、神田は夫に「なんで私ばっかりツラいことが起こるの!」とあたってしまったこともあったのだそう。

「いやいや、これでバランスが取れているんだって。君は傍から見たら幸せで恵まれていて、そういう環境で育って、僕みたいな優しい旦那さんもいてね…とか言うわけですよ」と、夫は神田を慰めてくれたという。

夫からの言葉に黒柳も「幸せっていうのは当たり前のことじゃないんだよってことよね」としみじみ。神田は夫の言葉に納得し、つらい時期を乗り越えてきたようだ。

■「夫にしか言えない言葉」と反響

夫からかけられた言葉について、インターネット上では多くの反響が。

「関係ない第三者が聞くとこの『バランスが取れてる』って言葉に少し違和感あるけど、当人がその言葉に支えられたんならいいか」

「一緒に深く悲しんだであろう夫の言葉だからこそ、うのが救われたんだろうね。友人とかは決して言ってはいけない」

「流産した、なんて話すのツラいだろうに…」

「バランス」という部分に引っかかった、という声も目立つが、どんな言葉に救われ、納得できるのかは、深い悲しみを味わった当事者にしか分からないことである。

■全てのお産は「奇跡」

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,348名を対象に「お産」について調査を実施したところ、全体で約4割の人が「全てのお産は奇跡だと思う」と回答した。

男女別に見てみると、女性は47.0%の人が該当した。

医療が発達した現代でも、妊娠した子が必ず生まれてこられる保証はない。改めて、新しい命が無事に生まれてこられることの尊さを実感するエピソードである。

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)