関口宏と張本勲氏、アメリカ野球の新戦術を「余計なことしすぎ」と批判 ネット民は非難の声

関口宏と張本勲氏、アメリカ野球の新戦術を「余計なことしすぎ」と批判 ネット民は非難の声

関口宏と張本勲氏、アメリカ野球の新戦術を「余計なことしすぎ」と批判 ネット民は非難の声

28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏と関口宏がアメリカ・メジャーリーグの新戦術に対し独自の見解を示し、物議を醸している。

■菊池雄星投手が先発し9球で降板

発端はシアトル・マリナーズの菊池雄星投手が日本時間の27日の試合で先発登板し、1回9球投げて予定通り降板したこと。これについて関口宏は、「あれは何なんですか?」と憤りを口に。

ゲストの野球解説者・広澤克実氏は、「(次回)登板予定日の天気予報が悪く、間隔が空くためで、調整登板ですね」とその意味を説明する。すると張本勲氏は、

「決していいことじゃないですよ。4日で回るでしょ、1回抜かすと8日間空くから、その間のタイミングということを考えてるんだけども、たった9球くらいでタイミングなんか取れませんよ。3回ぐらいは投げさせないと」

と苦言を呈す。関口宏も、「見てて面白くない」「しらけちゃう」とコメントした。

■「アメリカは余計なことしすぎ」

そんな関口宏は、「今回は1イニング限定の登板。先発ローテーションの登板間隔を保ちつつ、シーズン全体の負担を軽減することが狙い」と、フリップに書かれた登板の意味を読み上げた。

すると張本勲氏は「何を言ってんのアンタ」と吐き捨て激怒。広澤氏は、「日本ではリリーフを先発させて、後から先発が出てくる『オープナー』はやっている」と説明する。

これを聞いた関口は、「ハリさんが言ったように『何を?』と言いたくなるよね」と憤りを見せ、張本氏も「先発投手だから大事に扱ってもらいたいわね」とコメント。そして再度関口は、

「アメリカは余計なことしすぎているような気がするんだよな」

とアメリカの新戦術を批判した。張本氏も「その通りです」と同調し、次の話題へ。それはメジャーリーグ選手のミスを集めたVTRだった。

■ネット民は批判

メジャーリーグの試合を否定した関口宏と張本氏に、批判的な声が相次いでいる。

老害関口、ろくに野球知らんくせに偉そうに口出しするな
メジャーは日本とは違って移動距離も登板間隔も不規則だし、十何連戦と言う長期連戦が年に何回もあってローテの順番とイニング数保ってたらやってられないんだは#サンデーモーニング

— 虎愛太 (@tigerzett0529) April 27, 2019

メジャーはいろんなことしすぎてると言いまくる関口氏(隠れ老害)、それだけあちらの国では考えて試しながらやってるってことなんだけどな。 #サンデーモーニング

— K (@odna_iek) April 27, 2019

メジャーはメジャーの理論でやってるんだから、そこに日本の感覚で噛み付いても意味ないだろ。張本はメジャー嫌いすぎ #サンデーモーニング

— skir (@skir_mish) April 27, 2019

オープナー戦術と故障防止のための1回限定登板だという辺りはちゃんと説明すべきじゃないか。 #サンデーモーニング #tbs

— べな (@zorazora10) April 27, 2019

張本、菊池雄星の負担軽減ショート登板に否定的。
彼に限らず、古株な老害は新しい手法を受け入れない。大谷の二刀流だってそう。自分たちがスゴい、昔は良かった、となる。#サンデーモーニング #張本勲 #老害

— 佐倉市臼井のG党 (@haramania88) April 27, 2019

■試行錯誤のうえ誕生した戦術だが…

27日の菊池雄星投手のような「ショートスターター」やリリーフ投手が短いイニングを先発する「オープナー」は初回の失点を防ぐことや、疲労軽減などが主な目的だといわれている。

いずれもメジャーリーグのチームが長いシーズンを乗り切るために試行錯誤したなかで生まれた「戦術」なのだが、関口宏と張本勲氏は「余計なこと」と感じたようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)