ギャルモデル、衝撃のバイト歴を告白 「ズラで面接に」「メイド喫茶で…」

ギャルモデル、衝撃のバイト歴を告白 「ズラで面接に」「メイド喫茶で…」

ギャルモデル、衝撃のバイト歴を告白 「ズラで面接に」「メイド喫茶で…」

多くの人が一度は経験するバイト。良いバイトもあれば悪いバイトもあるし、さらに言えば「ヤバいバイト」も存在する。

そんなバイトに関して、元『小悪魔ageha』モデルで、現在は『LOVEggg』にてモデルを務めるユーチューバー・うさたにパイセン(本名:岩本紗也加)の動画が、ネット上で注目を集めている。

■初バイトはヤンキーの巣窟

モデル・ユーチューバーとして活動する現在も、週3でバイトしているといううさたにパイセン。過去、11のバイトを経験してきたという。

最初のバイトは地元・福島県の某焼肉屋。しかし、従業員の大半が「キテッパ(ハローキティのスリッパ)」のヤンキーで、客の悪口を言うなど、悲惨な環境だった。

「他の人の悪口言ってる人とか見ると、ほんとに萎えちゃう」「人間としてあり得ない」と感じた結果、すぐに辞めることに。それ以降、地元の居酒屋、沖縄料理屋、日焼けサロン……など、うさたにパイセンは様々なバイトを経験することに。

■「ズラで面接」「ブランドバッグを貢がれる」

ギャルな容姿ゆえか、バイトの面接は「基本落ちる」という彼女。

「受かりたい気持ちのあまりズラで面接を受けたものの、店を出てズラを外す瞬間を目撃され落ちてしまう」「居酒屋の常連客に気に入られ、16歳にしてブランド物のバッグ(9万円)をプレゼントされる」など、ツッコミどころしかない衝撃のエピソードを、次々と明かしていく。

■警備員、そしてメイドも

その後、警備員のバイトを経験することになったうさたにパイセン。その理由は「服装が格好いい」というもので、警備員バイトのために髪を黒くするほど本気だったが、女性の制服の色が憧れていた黒ではなく黄色だったことで、テンションが急降下し、辞めることに。

しかし、ポジティブなうさたにパイセンは黒髪になったことをいい機会ととらえ、なんと「メイド喫茶」でバイトすることに。「おいしくな〜れ、萌え萌えキュン!」などとしていたらしく、働いた感想は「クソ楽し〜」だったという。メイドだが、中身はギャルのままだったようだ。

■「面白い」「最高」

その他にも、様々な衝撃逸話を繰り出したうさたにパイセン。視聴者からも好評だったようで、「面白い」「最高」などと称賛の声が相次いだ。

「パイセンやっぱりちょっと変わってる笑 普通ギャルが警備員やりたいと思わん笑」

「警備員バイトの制服がダサすぎるため終了笑 最高すぎる笑」

「メイド気になるんだけどもっと詳しくお話聞きたかった」

「悪口聞くだけで気分悪くなるのめっちゃわかる」

「悪口聞くだけで嫌な気分になるって言ううさたに先輩まじでいい人」

その一方で、悪口を言う職場が無理だという彼女のさっぱりした人柄に共感を寄せる人も。

■20代の2割はアルバイト経験ナシ

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,342名にアルバイト経験の有無について調査を実施。その結果、「アルバイト経験がない」と答えた人は13.8%だった。

20代に限定すると、2割以上がバイト経験ナシだった。

コメント欄でも指摘があったが、メイド喫茶でのバイト話の尺が短かった今回の動画。色々と面白そうなので、ぜひ別の動画で詳しく話してほしいものだ。

《参照:うさたにパイセンYouTubeチャンネル》

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)