平成最後の血液型調査に衝撃 浮気や遅刻、「唐揚げレモンかけ」しがちなのは?

平成最後の血液型調査に衝撃 浮気や遅刻、「唐揚げレモンかけ」しがちなのは?

平成最後の血液型調査に衝撃 浮気や遅刻、「唐揚げレモンかけ」しがちなのは?

(ktsimage/iStock/Thinkstock)

関連性はないとの研究結果が氾濫、信憑性はないとされる「血液型診断」だが、29日放送『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)では、平成最後にあえて血液型大調査を実施。

遅刻や浮気、唐揚げにレモンをかけるのは何型か、驚きの結果が明かされた。

■浮気、遅刻しがちなのは?

あくまでも番組調べの統計上、断言はしないとしたうえで、さまざまな調査が実施されていく。

「よく遅刻する」血液型はB型が37名とトップ、続いてA型25名、O型18名、AB型18名という結果に。芸能人では、同番組に45分遅刻した千鳥・大悟やとんねるず・石橋貴明が「本当にこない」と愚痴るおぎやはぎ・小木博明などの名が上がった。

橋本マナミが「過去にA型の男性が浮気した」と振り返ると、同じくA型の石橋も「若いころはだらしなかった」と賛同。そこから、浮気をする人の血液型の傾向を調査したが、血液型に関係なく浮気する人はいるという「当たり前の結果」に落ち着いた。

■ここでも唐揚げレモン論争

「唐揚げにレモンをかける」論争にも血液型を絡めていく。何型の人が「唐揚げにレモノンをかける人が多い」かを調査したのだ。

石橋らは「B型」と予測するが、その予想は的中。B型14名、AB型13名、O型9名、A型8名という結果に。これを受け、A型の石橋とO型のカンニング竹山は「BとABが自己中。OとAは気を使う」と結論づけた。

■視聴者は反論

とはいえ、あくまで番組調べの統計上の話。納得できない視聴者も多いようで、さまざまな主張が飛び交っていた。

B型は遅刻が多いってこれ、なんかああBだもんねとかうるせぇ黙れと思うので私は遅刻したくない。しないように家を出る。けど相手に遅刻されまくる。相手はBじゃない人が多かったな。あくまで統計ってことですね。#たいむとんねる

— きゆき (@jamstain1087) April 29, 2019

まあ血液型と性格は関係ないと思うけどねw #たいむとんねる

— もな? (@mona_po) April 29, 2019

#たいむとんねる
特定の血液型をディスっているとかではないならこう言う番組も別に悪くはないな。

— おとなし (@yuzuki_otonashi) April 29, 2019

血液型調査ねぇ。
それだけじゃ測れないけど、少なからずともあるだろうなぁ。#たいむとんねる

— TOM (@treasure_hunt09) April 29, 2019

唐揚げにレモンかけるの嫌いなB型です。

万が一かける派だったとしても聞きます。#たいむとんねる#血液型分析はあてにならない

— 家鴨@復活(仮) (@6ahiru6) April 29, 2019

■15.7%は「血液型を尋ねられると不快」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,500名を対象に調査したところ、15.7%が「血液型を尋ねられると不快」と回答している。

日本人はこれまでA型は神経質、B型は自己中心的など、勝手なイメージを植えつけられてきた。もちろん、そこに科学的根拠はなく、あくまでもイメージでしかない。

それでも、「○型っぽい」「ぽくない」と言われることに辟易している人は少なからずいる。血液型の話題は、あくまでもコミュニケーションの一環として、軽く楽しむ程度に抑えておくのが正解のようだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年8月15日〜2015年8月19日
対象:全国20代〜60代の男女1,500名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)