浜崎あゆみ、意味深すぎる投稿に騒然 「自分のためにしたいことはもうない」

浜崎あゆみ、意味深すぎる投稿に騒然 「自分のためにしたいことはもうない」

浜崎あゆみ、意味深すぎる投稿に騒然 「自分のためにしたいことはもうない」

歌手の浜崎あゆみ(40)が、1日に令和になってから初めてとなるインスタグラムを更新。

新たな時代の幕開けに際し、歌姫が自身の心境を記した感慨深いメッセージに、ファンの間で波紋が広がっている。

■「自分のためにしたいことはもう…」

「そうだね僕ら新しい時代を迎えたみたいで、奇跡的かもね、二度とはちょっと味わえないよね」と、自身の大ヒット曲『evolution』の歌詞とともに、リハーサル中と思しき写真をアップした浜崎。

ハッシュタグにて「#令和初日がツアー初日  #年号をまたいで歌い続けるなんて  #想像もしていませんでした」と、心境を告白。

続けて「#自分のためにしたいことはもうないかな 」としつつ、「#自分以外の誰かのために #私に出来ることがまだあるなら  #それが進み続ける理由です」と、意味深長なメッセージをつづっている。

View this post on Instagram

・ ・ ・ そうだね僕ら新しい時代を迎えたみたいで、奇跡的かもね、二度とはちょっと味わえないよね。 ・ ・ こんな時代に生まれついたよ、だけど君に出会えたよ。 ・ #令和初日がツアー初日 #年号をまたいで歌い続けるなんて #想像もしていませんでした #自分のためにしたい事はもうないかな #自分以外の誰かのために #私に出来ることがまだあるなら #それが進み続ける理由です ・ ・ #TROUBLEツアー #misunderstood ・ Photo by @masayukikamo

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on Apr 30, 2019 at 10:26pm PDT

■「気になる…」動揺するファンも

「自分のためにしたいことはもうない」とする浜崎の発言に、ファンは騒然。何か深い意味が込められているのではないかと、不安になってしまった人もいるようだ。

「あゆのインスタ、発言が気になる。自分のためにしたいことはもうないかな…今年はライブ行けるのかな」

「何をしようとどこに向かおうとあゆが幸せならそれでいい!」

「あゆ世代なわたしは、このポストに感動してしまった」

「平成にあゆに出逢えて救われました、令和もこれからもずっとずっとファンです」

一方、新しい時代へ力強く歩んでいこうとする歌姫の姿に「感動した」という声も。

■初の試みとなるロングラン公演へ

浜崎は、令和元年となった1日から「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A-misunderstood-」がスタート。

昨年の「TROUBLE TOUR」をさらにグレードアップした内容で、彼女にとっても初めての試みとなる、2020年までのロングラン公演となる模様だ。

日本を代表するトップアーティストとして、平成という時代を駆け抜けた浜崎。新たな時代を迎え、さらなる挑戦を続ける歌姫の今後の展望に注目したい。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

関連記事(外部サイト)