『水曜日のダウンタウン』新元号当て企画に衝撃 「マジで神回」「感動した」

『水曜日のダウンタウン』新元号当て企画に衝撃 「マジで神回」「感動した」

『水曜日のダウンタウン』新元号当て企画に衝撃 「マジで神回」「感動した」

(gpetric/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

8日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で新元号「令和」を当てるクイズ企画を放送。過酷な企画で奮闘したお笑いコンビ・ななまがりに称賛の声が相次いでいる。

■過酷な状況下で企画に挑戦

番組では、「新元号を当てるまで脱出できない生活」を放送。ななまがりのふたりを埼玉県の某所アパートに閉じ込め、新元号である令和を当てるまで脱出させない企画だ。

ノーヒントということもあり、ふたりは大苦戦。発表前の最有力候補だったとされる「天翔」は早々に出たものの、その後はまったくいい答えが出ず。企画に挑戦した4月1日は、日本海側を中心に季節外れの雪が降るほど寒かったため、室温が5℃という過酷な状況。ふたりは凍えながらも企画に取り組んでいく。

■約100時間にわたる挑戦の末に…

その後、チャンスクイズや定時での現金支給によって生活用品を買い足し、なんとかライフラインを確保。現金と引き換えにヒントを購入し、いよいよ令和へと迫る。

元号の「画数」や「和」という漢字が使われていることや「頭文字のR」を推理したふたりは、ついに令和に辿り着く。「よっしゃ!」「きたー!」と大声で喜び、アパートを脱出。98時間40分にわたる挑戦で、総解答数は921回だった。

■「感動した」と称賛の声

放送を受け、ネット上では「感動した」「見ごたえがあって面白かった」と反響が相次いだ。

水曜日のダウンタウンの新元号当てるってコーナー見て久々TVで素で感動した

— 瀬音 (@belsearch) May 8, 2019

昨日の水曜日のダウンタウンはマジで神回だったなぁ。
令和当たった時の興奮たるや。

— 主城@石田篤美 (@kazukitoyomimas) May 9, 2019

また、無謀ともいえる挑戦にもかかわらず、決してギスギスせずに真摯に向き合ったふたりを称える声も目立つ。

あとこんな酷い企画でななまがりの二人が全然ギスギスしないどころか「俺ら売れてないと思ってもいい生活してたんだな…」としみじみしてたり、脱出後に水曜日のダウンタウンだとわかって喜んでたりで、ぜひこれが報われて売れてほしいと思った

— 那月 (@nachurin) May 8, 2019

すごい面白かった?
こういう芸人さんのサバイバル(?)的な企画、芸人さんが可哀想になってあまり好きではなかったんだけど…これは好き!
ななまがりの二人が過酷な状況なのに険悪な雰囲気にもならないとこがまたいい感じ?
久しぶりにテレビでドキドキした?
#水曜日のダウンタウン
#ななまがり

— ややっこ (@mamanma_yu) May 9, 2019

■『水ダウ』の検証企画はやりすぎ?

感動の声が相次いだ今回の企画だが、これまでの検証企画では「ひどい」「やりすぎでは?」と否定的な声があがることも珍しくなかった。

しらべぇ編集部が『水曜日のダウンタウン』を見たことがある全国20〜60代の男女923名に「同番組の検証企画はやりすぎか」ついて調査したところ、約4割が「やりすぎ」と考えていることが判明している。

多くの視聴者に感動を与えた今回の放送。今後の検証企画にも期待したい。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の『水曜日のダウンタウン』を見たことがある人923名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)