京都の銭湯が一見さん向けに親切な投稿で話題 その背景について取材してみると

京都の銭湯が一見さん向けに親切な投稿で話題 その背景について取材してみると

京都の銭湯が一見さん向けに親切な投稿で話題 その背景について取材してみると

(taka4332/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

京都の銭湯がツイッターに投稿したメッセージが、大きな反響を呼んでいる。12日11時現在、3万6,000回以上リツイートされ、7万3,000以上のいいねが押されている。この銭湯を取材すると、今の社会の縮図が見えて来た。

■一見客と常連客とのトラブルが発端

届け!!!
銭湯経営者全員の願い( ;∀;) pic.twitter.com/hCZlUf0vK7

— 京都 玉の湯 (@kyoto_tamanoyu) May 10, 2019

京都にある銭湯・玉の湯が、この掲示をするキッカケになったのは、度々起きている「一見客と常連客とのトラブル」しかし、こういった問題は、決して銭湯だけで起きている訳ではない。例えば、飲み屋に初めて入ると、常連客が盛り上がっていて何かそこにいづらい雰囲気を感じることがある。その店のしきたりと違ったことをしてしまうと、常連客の冷たい視線を感じる。

■銭湯が生命線の客も…

特に銭湯は風呂なしのアパートに住んでいる人にとっては生命線だ。京都は学生が多いが、家賃相場が高い街では風呂なしのアパートに住んでいる学生たちが実際にいる。東京23区でも風呂なしの2万円台のアパートが数多くある。

銭湯に初めて入ってトラブルに遭い、その後行きづらくなってしまうことは、生活をする上で大変不便な思いをすることになる。

玉の湯はしらべぇ編集部の取材に対して、「常連客は一見客に対して思いやる心で接してほしい。みんなが安らげる、気持ちのいい場所であることが銭湯の本来の役割だと思う」と答えた。ツイッターの反響には正直驚いているそうだ。

■どの世界でも聞く話

ネットでは銭湯だけの問題ではないという声が溢れている。

「居丈高なマニアや高圧的な常連が初心者を追い払って業界が衰退する、というのはどの世界でも聞く」

「常連が我が物顔で持ち込んだ私物で場所取りをしていたり、洗い場を占拠しているものを、施設の備品と勘違いして使ってしまったりして怒鳴られたりして毎回不快な思いをします」

「どこにも我が物顔してる常連さんいるんですね…。 マナーを守るよう従業員が注意しても聞かない人がおり困ってます。 そういう人に限って他の客のマナーにはうるさく、客同士でトラブルになったり…」

身近で起こっているからこそ、共感を呼んだのだろう。

■銭湯によく行く割合は…

しらべぇ編集部が全国の20代〜40代の男女1,343名を対象に調査したところ、男性の6.1%が「銭湯によく行く」と回答した。

常連客も一見客も、同じ客。常連客も最初にその店に入った気持ちを思い出して、慣れない客に接することが大切だ。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1343名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)