城島茂の知識をフル活用しても芽が出ず カレースパイス「カルダモン」の難しさに驚きの声

城島茂の知識をフル活用しても芽が出ず カレースパイス「カルダモン」の難しさに驚きの声

城島茂の知識をフル活用しても芽が出ず カレースパイス「カルダモン」の難しさに驚きの声

12日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、TOKIOの知識を持ってしても芽を出さなかったあるスパイスが「手強すぎる」と話題だ。

■スパイスカーで栽培を始めるも…

カレーに必要なスパイスを自作しようと奮闘するTOKIO。城島は「インドに近い気候」を常に保つため、場所を移動するために作ったスパイスを栽培する畑を搭載した「スパイスカー」を仕事後に訪れ、温暖な場所に移動させていた。

DASH島やDASH海岸といった過酷なロケの後も温度を管理しこまめに場所を移動。さらにスタッフがビニールハウスを取り付け、作物を育て、万全の体制に。ところが一向に芽が出ることがなく、城島と国分は困り果ててしまう。

■畑を温める作戦に

抜群の農業知識を持つ城島は、「南国ハウスでは薪を燃やした」と回顧。トラックの横で火を取り扱うことは危険なことから、過去の経験をもとに堆肥を作って畑を温めることを思いつく。

国分が東京富士大学から落ち葉を譲り受け、城島は米ぬかを持参。それを箱に入れ、水を混ぜて踏む作業を開始。これも、以前「DASH村」で行った作業だった。そんな事実に国分は、

「こういうのも繋がるね。僕らが13年前にやったことを今やってるわけだからさ」

とポツリ。城島も「基本は変わらんってことだよね」と同調した。

■狙い通り温めることに成功するも…

2月に堆肥を訪れ中身を確認してみると、狙い通り60℃に達する暖かさに。この熱をスパイスカーの畑に管を通して送る。その効果はてきめんで、4月には畑から多くのコリアンダーが芽を出した。

ところがTOKIOが美味しいカレーに欠かせないと考えていた「カルダモン」の芽が全く出ない。農業の知識をフル活用しても芽を出さないことにショックを受けた城島と国分は、東京農業大学を訪問する。

種をチェックすると、すでに死んでしまっていることが判明。専門家から「日本で育てるのは無謀ですね」と通告され、2人が厳しい表情を浮かべ苦悩するところで、今回の放送は終了となった。

■カルダモンの難しさに驚きの声

あの城島茂を持ってしても発芽することができなかった「カルダモン」の難しさに、ネット民から驚きの声が上がった。

#鉄腕DASH スパイス作るって、いかに難しいかがわかる。

香辛料がお金になった時代があったのも、わかりますね。

— 寝起きが悪すぎるナカジーコ (@naka_jiko310) May 12, 2019

『ザ!鉄腕!DASH!』を観ました。
スパイスを自分たちで育てるのはいいね。カルダモンはそんなに難しいんだ…。

— 杉野庸介 (@sugino) May 12, 2019

カルダモンは本当に難物なんだなあ。何か良い方法が見つかるといいな。うまくいかなかったとしても、それは色んな過程を経ての結果になるんだろうから、それもまた楽しみだ(*???*) #鉄腕DASH

— マツバラ (@matubara9999) May 12, 2019

カルダモンを日本で発芽させるのは無謀?
TOKIOに無謀という言葉は通用しない。
どんなことも突き抜けてきた、カルダモンだって発芽させる。
どうやって発芽させるかが楽しみだ。

#鉄腕dash

— くさもち (@kusamoti0123) May 12, 2019

そもそも、カルダモンを日本で栽培出来たら、ある種の革命だろうに…#鉄腕DASH

— にぶ (@nivl_heim) May 12, 2019

これまで番組内で数々の奇跡を起こしてきたTOKIOのメンバーたち。「難敵」カルダモンをどのようにして発芽させるのか注目したい。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)