ファンキー加藤、W不倫騒動を猛省も「タイムマシンほしい」発言で再炎上

ファンキー加藤、W不倫騒動を猛省も「タイムマシンほしい」発言で再炎上

ファンキー加藤、W不倫騒動を猛省も「タイムマシンほしい」発言で再炎上

(画像はファンキー加藤Twitterのスクリーンショット)

13日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)に元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤が登場。3年ぶりのバラエティ番組出演を果たした。

番組では、アンタッチャブル・柴田英嗣の妻とのW不倫騒動後の生活の変化を吐露。赤裸々トークに視聴者からは厳しい意見も飛び出している。

■NGなしで出演

既婚者の加藤は柴田の元妻とW不倫、元妻は加藤の子を身ごもった。この影響で柴田は離婚、生まれてくる子供について加藤は認知をし養育費を支払っていくことになっている。

世間を騒然とさせ強烈なバッシングを受けたこのW不倫騒動から約3年。加藤は「NGなし」で同番組への出演オファーを受けたと明かす。

悩んだすえの出演、「(しゃべくり)7人の皆様に思いっきり抱かれてみようと…」と意気込みを吐露したが、「抱く」という言葉に「まだ反省してない」とツッコミが飛んだ。

■猛省しネガティブな日々

騒動後、ラブソングを書こうとしても「どの口が言ってんだよ」と応援ソングに変更したなど歌手活動に大きな影響があった加藤だが、私生活にも変化があったと語る。

愛車だったベンツを「僕みたいなもんがおこがましい」と手放し電動自転車に変更。報道後はほとんど家から一歩も出ない日々を過ごすなど、猛省しネガティブな生活を過ごしていたが、最近になってやっとポジティブになってきたと明かした。

■タイムマシンが欲しい

出演陣から「あのときに戻りたい?」「タイムマシンあったら欲しい?」と尋ねられた加藤は、真剣にタイムマシンの購入まで想像したと告白。

いくらまで出せるかを考え「1億5,000万円」までは出せると苦笑い。それを使い、5年ぐらい前まで戻り「『いま大変なんだよ』って自分をぶん殴りたい」と熱弁した。

■視聴者からは賛否

騒動から3年経ち、当事者たちで問題は解決済みとはいえ、いまだ加藤への世間の風当たりは強い。今回の出演に「正直で良い」「応援する」と好意的なファンは多いものの、やはり厳しい意見が目立っていた。

ファンキー加藤テレビに出てもプラスにならんぞなもし。?
#しゃべくり

— 彩JOJO トレイン (@StRzk6k4a3rFBih) May 13, 2019

昨日しゃべくり007見たんだけど正直ファンキー加藤の好感度は下がった

— メガ本@人生再設計第一世代 (@DonLeoJonathan2) May 13, 2019

ファンキー加藤がどうしたのかと思えば…昔はライブ行くほど好きだったのに、あの一件以来もう曲も聞いてない。しゃべくり発言はドン引き、子供かわいそう。なんかガッカリだなぁ

— なまら (@25cQi) May 13, 2019

■タイムマシン発言に…

特に、タイムマシンのくだりには「子供への配慮が足りない」といった声が多い模様。

ミュージシャンの不倫とかまじでどうでもいいし、ほとぼり冷めたら活動再開したらいいやん って僕は常々思ってる。

けど不倫相手との子供がいて、1億5000万払ってでもタイムマシンであの頃に戻りたいってテレビで笑いながら言えるのやばいな。 子供の生を平気で否定できるファンキー加藤とかいう外道

— えふえる君 (@fl02180) May 13, 2019

ファンキー加藤は婚外子の子どもだけじゃなくて、夫婦の子ども、相手夫婦の子どもを傷つけてる自覚がないのか?
タイムマシンで戻りたいとか言ってんじゃねーよ
ホント成長してないわ#しゃべくり007

— のわーる (@chuckydayoxxx) May 13, 2019

基本的に「不倫でそんなに叩かなくても…」「当人たちの問題だし…」派だけどファンキー加藤のはちょっとアレだなあ
タイムマシンの話なんて子どもからするとキッツいぞめちゃくちゃ#しゃべくり007

— □ (@nashimotohahami) May 13, 2019

決して子供を軽視したわけではなく、あくまでも自身の反省や後悔の部分指して「タイムマシンを使いたい」との主張にも見受けられたが、軽率な発言と取られたようだ。

■2割は「芸能人の不倫が許せない」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、全体の2割ほどが「芸能人の不倫はもっとバッシングされるべきだ」と回答。8割以上が「不倫バッシング」を望んでいないと判明した。

芸能人であっても、あくまでも不倫は当事者たちの問題。そこで解決しているなら周囲がどうこう口を出すべきではないと考える人は少なくない。

家族や柴田らとのあいだで問題が解決したからこそ、加藤はテレビで騒動を振り返れたはず。出演は軽率だったかもしれないが、前向きに音楽活動に励む加藤を周囲が面白半分でバッシングするのは間違っているだろう。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)