日本一の巨大古墳「仁徳天皇陵」が世界遺産登録へ 悲願としてきた大阪府堺市を直撃

日本一の巨大古墳「仁徳天皇陵」が世界遺産登録へ 悲願としてきた大阪府堺市を直撃

日本一の巨大古墳「仁徳天皇陵」が世界遺産登録へ 悲願としてきた大阪府堺市を直撃

世界文化遺産への登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市古墳群」について文化庁は14日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が、「登録すべきだ」と勧告したと発表した。仁徳天皇陵がある堺市を取材した。

■約47万uの仁徳天皇陵が含まれる

百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期に造られた古代日本列島の王たちの墓群。古代日本の政治文化の中心地のひとつであり、大陸に向かう航路の出発点でもあった大阪で、複数の市にまたがって位置している。

墳丘の長さは、約500mにおよぶものも。鍵穴のような形が印象的な前方後円墳が多数あり、一帯には数多くの中小墳墓が密集。古墳には、前方後円墳、帆立貝形墳、円墳、方墳と4種類があるが、このような型式が各地の古墳の標準になった。

仁徳天皇陵古墳は、エジプトのクフ王ピラミッド、中国の始皇帝陵と並び世界3大墳墓とされており、日本最大の前方後円墳でもある。なお、古墳の墳丘は埴輪などの土製品で飾り立てた当時の建築的傑作だった。

■歓喜に沸く堺市

仁徳天皇陵がある堺市には、14日0時半頃吉報が届いた。そして、朝には市役所に懸垂幕が掲げられた。しらべぇ編集部は堺市役所を取材。堺市役所世界文化遺産推進室は、

「平成17年に世界遺産に登録を目指し、専門のセクションを設置。そこから13年の歳月を経て今年登録される見通しとなった。まだ日本には世界遺産登録を目指している場所がたくさんある。

そんな中、大阪府、羽曳野市、藤井寺市と協力しあって悲願達成に向けて頑張ってきた。6月30日〜7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会での正式決定を心待ちにしている」

と述べた。

■祝福の声が多数あがる

世界遺産登録に対しネット上でも歓喜の声があがっていた。

「古墳群の周辺はかなり都市化してしまっているので、世界遺産は無理だろうと思っていました。古墳群や大仙公園周辺はなかなか良いところなので、この機会に改めて注目されるのは良いことかもしれないですね」

「おめでとうございます。正直ビックリしました。でも、古墳群は中には入れないし、仁徳天皇陵は本当に周りをジョギングする程度。これから観光地化インフラ整備の必要がありそうですね」

「世界遺産登録については素直に喜びますが、一般人は中には入れませんし、あの特徴的な形も上空からじゃないと見えません。正直、今のままだと残念な観光地になってしまうので、かなりの工夫が必要と思います」

■6年連続の認定

日本国内には文化遺産が18件、自然遺産が4件あり、百舌鳥・古市古墳群が登録されれば23件目。日本からの登録は6年連続となる。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,362名を対象に調査したところ、全体の30.5%が「外国人観光客増加を嬉しく思う」と回答した。

世界遺産を目当てに日本を訪れる観光客が、より一層増えることが期待される。そして地域住民との観光交流を通して、様々な問題を抱える地方への活力になることをを期待したい。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日
対象:全国20代〜60代の男女1362名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)