上原多香子の夫・コウカズヤ氏「自殺するような子供になったら親の責任」 発言が波紋

上原多香子の夫・コウカズヤ氏「自殺するような子供になったら親の責任」 発言が波紋

上原多香子の夫・コウカズヤ氏「自殺するような子供になったら親の責任」 発言が波紋

(画像はコウカズヤ公式Twitterのスクリーンショット)

元SPEED・上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が、15日に自身のツイッターを更新。

上原の元夫でET-KINGのTENNさんの自死に言及した発言について、「一部だけ切り取って解釈しないでください」と訴えている。

■ユーザーとの会話を公開

コウ氏は、匿名ツイッターユーザーとの会話のキャプチャ画像を添付し、「これだけは保身のために言わせてもらいます」と切り出す。

画像を見ると、「息子さんがイジメられてTENNさんのような最期にならないといいですね」とのコメントに対し、コウ氏が「いやいや、自殺するような子供になったら親の責任なんで、そのときはそんな子供にしてしまった自分を責めますよ」と返信している。

■「主観の話」であると説明

続けて「それをTENNさんのご家族にも言えますか? 自殺はTENNさんの親の責任なんですか?」などと問われると、「はい。僕の主観ですけどね」と返答。

その後もユーザーからの詰問が続き、コウ氏は「あくまでも僕が親ならという主観の話をしているんです」と、決してTENNさんやTENNさんの家族を批判しているわけではないことを説明していた。

しかし、「子供の自殺は親の責任」という部分だけがひとり歩きしてしまい、コウ氏のツイッターは一時炎上状態に。

■「親の責任とは一切思っていない」

このやり取りを踏まえ「自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません」と、コウ氏。

「もしも僕自身の子供が自殺をしたら、僕は親である自分自身の責任だと思うということです。あくまでも自分の子供限定です」と説明し、一部だけを切り取って解釈しないでほしいと訴えている。

これだけは保身のために言わせてもらいます。
自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません。
もしも僕自身の子供が自殺をしたら、僕は親である自分自身の責任だと思うということです。あくまでも自分の子供限定です。
話の流れをすっ飛ばして、一部分だけ切り取って解釈しないでいただきたいです。 pic.twitter.com/1tUfKFq8pM

— コウカズヤ-BuzzFestTheater- (@koh_kazuya) May 15, 2019

■「SNSは控えたほうが…」との意見も

上原が非公開にしているツイッターアカウントでつぶやいた内容が一部ネットニュースで報道され、上原が再び猛批判されている状況にコウ氏が言及したことから、今回の炎上騒動に発展している。

こうした現状から、「上原さんはツイッターをやめさせたほうが良いと思う」といった意見もあげられている他、限られた人たちに向けた発言が大々的に報道されてしまったことについて、「鍵にしてたのにそれはひどい。産後鬱とかにならないといいけど…」と、産後間もない上原を心配する声もあがっている。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

関連記事(外部サイト)