登山家・野口健が暮らしのこだわりを告白 「ホテルで必ず確認するもの」に共感の声

登山家・野口健が暮らしのこだわりを告白 「ホテルで必ず確認するもの」に共感の声

登山家・野口健が暮らしのこだわりを告白 「ホテルで必ず確認するもの」に共感の声

(jacoblund/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

21日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、暮らしにこだわる有名人が大集合し、その生活ぶりを告白。

その中でも、七大陸最高峰登頂の世界最年少記録を1999年5月に樹立したことのあるアルピニスト・野口健の独自の暮らしのこだわりには、多くの視聴者が共感している。

■脱出経路を確認

野口は人の家やホテルに行くと、まず何かが起きた時にどう脱出するかの脱出経路を、必ず確認するという。この野口のこだわりに司会の明石家さんまは「やっぱさすがアルピニストやね」と感心した。

また、野口によると、ヒマラヤは四六時中至るところで雪崩が起きるという。野口が山に登った際にテントで寝ていた時、震動が来たもののどの位置で雪崩が起きているか分からなかった。

そのため、何かの音がするとすぐ起きてナイフでテントを切り、外に出なければいけないという。野口はこうしたことから人の音が気になるようになり、私生活ではいかに音を出さないかということを考えてしまうと明かしている。

■野口に共感する視聴者続出

今回、「避難経路の確認をする」と明かした野口に、視聴者からも「分かる」「私も確認する」といった共感する声が上がっている。

ホテルは私も確認する
非常階段とか
今度姪っ子達にも言っておこう
旅をして、ホテルに着いたら確認してねって
#さんま御殿

— tea (@jumping_rabbit_) May 21, 2019

わかるわかる。ホテルの部屋が非常口?の部屋の時に得した気になるw#踊るさんま御殿 #さんま御殿

— 引用リプされたら元ツイ消す (@miiike_neeeko) May 21, 2019

山の神と若槻千夏が言ってること分かる。危機管理能力の話。
私も心配性というか避難経路は必ず確保するし、コンセントの話も、電源周りの話も、判子と靴の話も分かる。同じだ。クマスプレーの話も割と分かる。スプレーこそ持ってないけど森林に入ると熊が出ないか怯える。#さんま御殿

— TAO (@TAOMODE_LABO) May 21, 2019

建物の避難経路のチェックと防火対策私も見ちゃうw#踊るさんま御殿#さんま御殿

— だぐらちゅ (@douglachu) May 21, 2019

■細かいことが気になる人の割合は?

野口のように、自分なりの細かなこだわりを持っているという人はどれほどいるのだろうか。

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,477名を対象に調査したところ、「細かいことが気になる性格のほうだ」と回答した人は全体の49.7%だった。

細かいことが気になる人からすると、自分にとっては大事なこだわりも、他人から見ればやや面倒に思われてしまうところが難点かもしれない。

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,477名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)