江戸川区で少年7人による監禁暴行事件 その原因に衝撃が走る…

江戸川区で少年7人による監禁暴行事件 その原因に衝撃が走る…

江戸川区で少年7人による監禁暴行事件 その原因に衝撃が走る…

(Corosukechan3/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

18歳少年を軽トラックに監禁し、暴行を加えたとして、同じく18歳の少年たち7人が逮捕されたことがわかった。

ネット上では彼らが集団での暴行に及んだ経緯に、ネット上では衝撃が広がっている。

■バイクを壊され金銭トラブルに

報道によると、事件の舞台となったのは東京・江戸川区。今年3月、少年ら7人はバイク仲間だった少年から現金を脅し取ろうとして、軽トラの荷台に押し込んで連行。殴る蹴るなどの暴行を加え、全治1ヶ月の重傷を負わせた疑いがある。

注目すべきは、少年たちが暴行に及んだ理由。じつはこの事件以前に、連れ去られた少年が7人のうちの1人から借りたバイクを壊してしまい、金銭トラブルに発展していたというのだ。

なお、警察の取り調べに対し、少年たちはみな大筋で容疑を認めているという。

■「そんな理由で…」「怖い」

この報道に対し、ネット上では衝撃が広がることに。

?「そんな理由で暴行か」

「貸したバイクを壊されたら誰でも怒ると思う」

「弁償しなかった被害者も悪いよね、これ」

「元気で怖い」

「集団リンチはダメだが、弁償はしないと」

「弁償額がいくらだったかにもよるけど、でも基本的に高いからな。15万ってことはないんだろう」

一方、「貸したバイクを壊されたら誰でも怒る」「被害者も悪い」などの声も見られた。

■2割に「借りたまま返していない物」

ちなみに、しらべぇ取材班が、全国20代〜60代の男女1387名に「借りパクの経験があるか」を聞いたところ、約2割が「ある」と回答した。

どんな理由があっても、暴行は決して許されない行為だ。しかし、きちんとバイクの修理代を渡し、相手を納得させられていれば、被害にあった少年も全治1ヶ月の重傷を負うことはなかったのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日〜2016年10月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,387名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)