皇居の一般参賀に行ったことある? 若い男性で割合が高い背景とは

皇居の一般参賀に行ったことある? 若い男性で割合が高い背景とは

皇居の一般参賀に行ったことある? 若い男性で割合が高い背景とは

(geargodz/iStock/Thinkstock)

一般参賀は毎年1月2日と天皇誕生日に開催され、皇居に参内した国民に天皇が「おことば」を述べる皇室行事だ。今年は天皇即位に際し5月4日にも行われ、14万人が足を運んだ。

では実際に、参内したことがある人はどれくらいいるのだろうか。


■足を運んだことがあるのは…

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の6.8%が「皇居の一般参賀に行ったことがある」と回答した。

全国を対象にした調査ということもあり、一般参賀に行ったことがある人は1割を切って、かなり少数であることが判明。なお、男性8.4%、女性5.3%と、男性のほうが足を運んだことがある人はやや多いようだ。


関連記事:令和初の一般参賀、皇居は11万人以上の賑わい 宮内庁に聞いてみた

■若い男性で目立つ

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

もっとも割合が高かったのは20代男性で12.2%。同世代の20代女性(5.3%)と比べてもダントツで高い割合だ。経験率は、一般的に年齢が上がるほど高くなりがちな傾向があるにもかかわらず、男女ともに50〜60代の割合が低いのも特徴的だ。

一般参賀は参賀者多数の場合、皇居前広場から正門入門までに1時間以上かかる場合も。寒空のもと根気よく並ぶには体力が要るため、若年層の男性の割合が高いのだろうか。


■高収入層は経験率が高い

さらに、この結果を年収別に見ていくと…

もっとも一般参賀に行ったことがあるのは22.9%の年収1000万以上の人たち。続いて年収500〜700万(15.6%)700〜1000万(14.5%)と続き、高収入層の割合が高い傾向が明らかになった。

(文/しらべぇ編集部・赤坂)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17 日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)