池江璃花子選手が3月以来のツイッター更新 旺盛な食欲にファンからは安堵の声

池江璃花子選手が3月以来のツイッター更新 旺盛な食欲にファンからは安堵の声

池江璃花子選手が3月以来のツイッター更新 旺盛な食欲にファンからは安堵の声

白血病を公表し、闘病生活が続いている女子競泳の池江璃花子選手が、2日、自身の公式ツイッターを更新。3月13日以来、およそ3ヶ月ぶりにツイートを投稿した。

■食べたものと食べたいものを列挙

池江選手は、投稿で「ポップコーンが美味しかった」と告白。さらに、チャーハンやチーズドッグ、マクドナルドのポテトやお寿司など、食べたいものを列挙し、「食べたいものと行きたいとこが多すぎる」と述べた。

ポップコーンが美味しかった。
美味しいチャーハン食べたい。
チーズドックもマックのポテトも食べたい…?
美味しいお寿司?アボカド?
と、からみチキン
食べたいものと行きたいとこが多すぎる??

— 池江 璃花子 (@rikakoikee) June 2, 2019

池江選手は、トレーニングを再開するなど、順調な回復ぶりも報じられており、今回の「食欲ツイート」も体調が回復して食欲が戻ってきた証かもしれない。

■ファンからは応援が殺到

この投稿には、3日3時現在で3,700件以上のコメントが寄せられ、1万7000回以上RT。さらに15万以上のいいねがついている。コメントには、

「美味しかった、食べたい、行きたいってツイート見て、こんなに嬉しく思ったのは初めてかも」

「食欲旺盛という事は、着実に回復して来てる証じゃないかな!自分と医学を信じて頑張れば、また好きな物を食べて行きたい所にも行けるよ!」

「もう少しの辛抱です、世界中の璃花子ファンがエールを贈ってるよ。がんばれ〜」

「回復してますね。元気な姿を見れることを楽しみにしてますね。待ってますよ」

など、回復ぶりを喜び、応援する声が目立つ。

■骨髄バンクへの関心も

白血病と闘う人たちに大きな力となるのが、骨髄バンクだ。数多くの白血球の抗原型(HLA型)は、血縁がない人の間では数百〜数万人に1人しか適合しないため、数多くのドナーが必要となる。

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の池江選手を知っている男女1,263名を対象に調査したところ、「池江選手がきっかけで骨髄バンクに関心を持った」と答えた人は、全体の29.5%に及んだ。

投稿へのコメントからも、また調査からもうかがえる池江選手への応援と励ましの思い。今後もツイッターで回復ぶりを見せてくれるのが楽しみだ。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の池江璃花子選手を知っている男女1,263名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)