ドライヤーで衣服を乾燥中に… 北海道で起きた火災に「他人事じゃない」「怖い」

ドライヤーで衣服を乾燥中に… 北海道で起きた火災に「他人事じゃない」「怖い」

ドライヤーで衣服を乾燥中に… 北海道で起きた火災に「他人事じゃない」「怖い」

(?ぱくたそ)

2日、北海道札幌市白石区のアパートで火事があり、男性3人がケガをした。

火元となった部屋で、住人の男性(50)が行なっていた行動に、ネット上では「他人事じゃない」などの反応が出ている。

■ドライヤーで衣服を乾燥、発火

報道によると、火災が起こったのは同日朝7時台。4階建てアパートの2階の一室から火が起こり、午前7時45分頃、近所の人から消防に通報があった。

火元の部屋の一部は焼失し、住民2人が煙を吸って病院に運ばれたものの、命に別状はないという。

なお、注目すべきは発火原因。火元の部屋に住む男性は警察に対し、「ドライヤーで衣類を乾燥させていた」「火が出て、服に燃え移った」などと話しているそうだ。

■吹き出し口を塞ぐと火災の危険

この男性のように、衣服を急いで乾燥させようとして、ドライヤーを使用したことがある人は少なくないのではないか。

しかし、「電気製品認証協議会(SCEA)」のHPを見ると「靴などを乾燥する目的でドライヤーを使用するのはやめましょう」との記述があり、その理由が「空気吸い込み口や吹き出し口をふさぐと、内部のヒーターが急激に過熱し、火災の原因になります」と綴られている。

北海道の火災で、男性がどのようにドライヤーを使用していたかは不明だが、効率良く乾かすために衣服の中に吹き出し口を入れ、塞がってしまった結果、火災に発展した可能性もありそうだ。

■「知らずにやってた」との声も

この報道に対し、ネット上では「気をつけなきゃ」「知らずにやってた」などの声が寄せられることに。

「自分も乾きがいまひとつの時にドライヤー使ったことがある。危険だったんだな……」

「知らずにやってた。怖い。気をつけよう」

「こういう使い方をしたことはないけど、する人がいてもおかしくないよなあとは思う」

■説明書を読むのは3分の1のみ

しらべぇ編集部では以前、全国の男女1,378名を対象に「家電やおもちゃなどの説明書を読むか」について調査を実施。その結果、およそ3人に1人が読んでいることが判明。50代男性は3割未満と、男性の中でもっとも低い該当率となった。

もし説明書を読んでいれば、防げたかもしれない今回の火災。家電を使う際は、必ず取扱説明書を読むようにしよう。

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日
対象:全国20代〜60代の男女1,378名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)