天木じゅん、「ファン置き去りにした」と過去を激白 「胸の真ん中があったかくなった」

天木じゅん、「ファン置き去りにした」と過去を激白 「胸の真ん中があったかくなった」

天木じゅん、「ファン置き去りにした」と過去を激白 「胸の真ん中があったかくなった」

グラビアタレントの天木じゅんが、11日に自身の公式ブログを更新。過去のアイドル時代から引きずっていた「ある悩み」を明かし話題になっている。

■ドラマ出演決定に喜ぶも…

同日、ブログにて『地下アイドルとして。』と題した投稿をした天木。冒頭では最近自身が掲載された雑誌を紹介し、同時に

「ドラマオーディションに合格! NHKよるドラ?『だから私は推しました』」

と嬉しい報告をする。そして何か踏み切った様子で「私は地下アイドル経験があります。どうしても辞めざるおえない状況で、これからの夢を芸能人生を守るために辞める選択をとりました」と過去について語り始めた。

■「ファンを置き去りにしたことが…」

アイドルからグラドルへと転身し成功を収め、今の地位に就いた彼女。しかしそこには様々な葛藤があったのだろう。「あの日、ファンの方を置き去りにした事がずっとずっと心残りで…」と当時の出来事を振り返る。

その後悔や未練からか「今からライブに出る」「ステージ袖で待機してる」などの記憶が、夢でフラッシュバックしていたという。

そんなさなか、今回受かったドラマは「地下アイドルとオタクの物語」を描いたもの。自身と重ね合わせたようで、台本を見た瞬間から「このオーディション、何が何でも受かりたいと強く思いました」と心境を綴る。

■ファンも驚き「感無量」

「やっと未練を晴らす時が来た」と気合い十分な天木、何か肩の荷が降りたのだろうか「不思議とこの作品が決まってからその夢たちを見なくなりました」と明かす。当時の思いが語られたこと、そして悩みを乗り越えたことに祝福の声が相次いだ。

「大手事務所からお声がかかって辞めたのかと思ってたけど、アイドルは辞めたくはなかったのね」

「転身は驚きだったけど、この記事を読んでなんだか感無量」

「運命的なドラマだよね神様がじゅんちゃんのために用意してくれたような」

「なんか、胸の真ん中がちょっとあったかくなった」

■今後の彼女に注目

ずっと抱え込んでいた過去の悩みを乗り越えた今回、彼女にとって大きな転機となることだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,732名を対象に調査を実施。その結果、全体の35.6%が「未だに乗り越えられない過去がある」と回答した。

普段の明るく元気な姿に隠されていた悩みを吐露した彼女。今後また一つ成長した姿を見ることになりそうだ。

(文/しらべぇ編集部・ステさん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10〜60代の男女1732名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)