夏といえばオカルト 10代は怪談や肝試しで恐怖体験をした人の割合が多い?

夏といえばオカルト 10代は怪談や肝試しで恐怖体験をした人の割合が多い?

夏といえばオカルト 10代は怪談や肝試しで恐怖体験をした人の割合が多い?

(grafxart8888/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

そろそろ気温もあがり、夏の訪れも感じられ始めた今日このごろ。やはり盛り上がってくるのは怪談だろうか。以前は、夏になるとテレビ番組で心霊特集が頻繁に放映されていた。

最近ではインターネット上でも多くの怪談話がアップされており、異世界もの、民俗学風などなど、そのジャンルも様々だ。苦手なひとも多いだろうが、心霊スポットに行く人が後をたたないことを考えると、やはり夏にはかかせない定番の話題だろう。

■約3割が恐怖体験あり

そこで、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1721名を対象に調査したところ、「恐怖体験をしたことがある」人は、全体の26.6%。

男女別では、男性は25.1%、女性は28.0%と、女性のほうが約3ポイント高いが、ほぼ同率だ。恐怖体験をするのに性別は関係ないのかも。

■10代は学校の怪談?

さらに男女年齢別で見ると、10代が男性37.2%、女性が37.6%と男女ともに割合が高めだ。

10代というと、学校にまつわる怪談や、ときには危ないと思われるコックリさんなどがはやる時期。大人になると忘れてしまうが、その年代に感じる独特の恐怖があるのかもしれない。

■人間的な恐怖も?

一方、年収別で見ると、1000万円以上が34.3%と、一番高い割合。

恐怖体験というと、心霊系を想像してしまうが、人間関係の恐怖もあるだろう。1000万円以上というと、経営者や年配の人も多く、様々な経験を経た可能性が。人間が一番怖い、なんていう人も多いのかも。

刺激があり、ついつい怖いもの見たさで検索してしまう心霊モノ。見すぎると体験までしたくなってしまう人もいるかもしれないが、実際に危ない場所もあるだろう。きちんと節度を守って楽しみたい。

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)