上島竜兵、”パンケーキ芸人”夢屋まさるとのキスに赤面 「お前の唇がパンケーキだよ」

上島竜兵、”パンケーキ芸人”夢屋まさるとのキスに赤面 「お前の唇がパンケーキだよ」

上島竜兵、”パンケーキ芸人”夢屋まさるとのキスに赤面 「お前の唇がパンケーキだよ」

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の3人が17日、東京スカイツリーで行われた「コカ・コーラ&東京2020オリンピック聖火リレー 全国47都道府県 聖火ランナー体験ツアー」スタートイベントに出演。

聖火ランナー応募芸人第一号をかけて、パンケーキ芸で話題の夢屋まさると一発ギャグバトルを繰り広げた。

■聖火ランナー応募権をかけギャグバトル

日本コカコーラ社は、2020年に開催される東京オリンピックの聖火ランナーや応援グッズに応募できる「東京2020オリンピック応援キャンペーン」を17日から全国で開始。

イベントでは「聖火ランナー応募芸人第一号」の座をかけ、ダチョウ倶楽部の上島竜兵と「パンケーキ食べたい」でブレイク中のイケメン芸人・夢屋まさるが聖火にかけたギャグで対決することに。

■本気で照れてしまう上島

ギャグ対決では夢屋が勝利したものの、判定を不服とした上島は「お前何見てんだよ!」と夢屋に詰め寄り、おなじみの芸である「ケンカしてチュー」を披露。

自らキスをしにいったものの、「お前の唇柔らかすぎるんだよ、お前の唇がパンケーキだよ!」と顔を赤らめてマジ照れしてしまい、メンバーからも「ここまで照れるのは珍しい」とツッコまれていた。

■一発ギャグは「ずっと言い続けたほうがいい」

初共演の上島とチューをすることになった夢屋は「これ言ってもいいのかな。裏で『キャラ的に(キスは)できるのか?』って、確認がすごいきてたんですよ。でも『やりたいやりたい』って言って、本当に実現できたので良かったです」と、キス芸を熱望していたことを告白。

また、夢屋へ先輩芸人としての助言を求められた寺門ジモンは「一つのギャグに飽きた時くらいがブレイクの機会だから、ずっと言い続けたほうがいい、これから30年、40年経った後の『パンケーキ食べたい』はすごいよ。見てみたいねぇ」とアドバイスを送った。

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

関連記事(外部サイト)