会話が弾んでついついオーダーも… 飲食店で食べ過ぎてしまう理由

会話が弾んでついついオーダーも… 飲食店で食べ過ぎてしまう理由

会話が弾んでついついオーダーも… 飲食店で食べ過ぎてしまう理由

(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

久しぶりに外食に行くと、あれもこれも食べたくなってしまう。楽しくて、つい食べ過ぎてしまうこともあるかも。

■4割以上が外食で食べ過ぎる

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「外食について」の調査を実施。

「飲食店では食べ過ぎることが多い」と答えた人は、全体で41.1%と高い割合になっている。

■会話が弾むとつい食べすぎてしまい…

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

友達との会話に花が咲けば気持ちも上がり、つい食べすぎてしまうようだ。

「外食に行くのは、友達と会うなど特別なとき。せっかくの機会なので、おいしいものを食べたいと思う。会話が弾むとテンションも上がるから、つい頼みすぎてしまうこともしばしば」(30代・女性)

■量よりも質が重要

昼食のほとんどを、外食で済ます人もいるだろう。

「お昼はほとんど外食だけど、安くてできるだけ量が多いお店に行くようにしている。ただ、さすがに食べ過ぎと思うほどの量を出してくれるお店はなかなかないかな」(30代・男性)

たくさんの量を食べるより、質を求める人もいる。

「コスパのいい店を探すのが趣味だけど、僕がお店に求めるのは量じゃなくて質。適当な味のものをたくさんよりも、おいしいものを少しでもいいから食べたい」(40代・男性)

■食べ放題は危険

食べ放題では、やはり食べ過ぎてしまう人が多いだろう。

「食べ過ぎてしまう外食といえば、なんといっても食べ放題。皿にはこれでもかと盛り、食べ終わるともう一度ビュッフェ台に取りに行くがっつきぶり。

食べ放題で食べ過ぎた後には『次の食べ放題では無理しない』と思うのに、結局は同じことを繰り返してしまうのが自分でも愚かだと思う」(20代・男性)

おいしいものでも、食べ過ぎてしまうと嫌になる。お腹を壊さないようにも、注意したいものだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1,721名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)