待ち合わせの3分で2人の男からナンパ まさかの誘い文句に「何だったんだ…」

待ち合わせの3分で2人の男からナンパ まさかの誘い文句に「何だったんだ…」

待ち合わせの3分で2人の男からナンパ まさかの誘い文句に「何だったんだ…」

(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

街中でナンパされた経験のある女性は少なくないだろう。「ナンパ師」と呼ばれる男たちは、あの手この手、あんな言葉こんな言葉で女性たちに声をかける。

岩手県出身のタレント・渡辺未優(28)が自身のブログで、3分間で2人の男性からナンパされたことを明かし、注目を集めている。

■ジムの勧誘と思いきや……

「3分の出来事。」というタイトルでブログを更新した渡辺。友人との待ち合わせで「ぼーっ」と立っていたところ、ひとりの男性が話しかけてきたという。

話の内容は「会員制トレーニングジム」の勧誘で、渡辺はひたすら首を振り続けてそれを拒否。しかし、男性は延々と話してきて、最終的には彼女の連絡先を聞いてきたという。

てっきり勧誘だと思っていた渡辺は「え、、、あ、、、そっち!?」となることに。「長々まじめな話のように話してきたのに、オチはそれかよ」とズッコケたようだ。

■すぐに別の男が……

その後、だんまりを決め込んでナンパ男を撃退した渡辺。しかし、すぐに別の男性が現れ、「結婚前提に今からお茶しにいきましょう!」といきなり言ってきたという。

しかし、直前にナンパ男を撃退していた渡辺にこの攻撃は通じず、首を振り続け、撃退。相手はすぐに去って行ったそうだ。3分の間に2回もナンパされるという出来事に、「このたった3分間、何だったんだと思うばかりのとある日の出来事でした。笑」と綴った渡辺だった。

■「気をつけて」「今時そんな人いるんだ」

女性にとって、迷惑でしかないナンパという行為。軽妙な筆致で綴っている渡辺だが、内心は怖かったに違いない。

このブログを受け、読者からは心配のコメントが寄せられている。

「今時そんな人いるんですね」

「世の中、本当に色んな人がいますからね。気をつけて下さいね!」

「曖昧な返事をしないのが、一番ですもんね。お昼どきだったんでしょうか。夜だったら危ないから無理しないでね。気をつけて」

■「ナンパしてほしい」と思う女性は1割

しらべぇ編集部では過去に、ナンパについていくつかの調査を実施。たとえば、「ナンパしてほしいと思うときがあるか」の調査では、全体の約1割が該当していた。年代別では、20〜30代の若者にその傾向が強い。

しかし、一番該当率の高い30代でも2割未満であり、大半の女性は「ナンパしてほしくない」と思っているようだ。

勧誘のフリをしたかと思えば、ストレートに誘ったりもするナンパ師たち。基本的に迷惑に思われていることをもう少し知ったほうがいいのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年1月22日〜2016年1月25日
対象:全国20代〜60代の女性670名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)