横綱・白鵬が日本国籍取得へ 「外国人力士」クイズ

横綱・白鵬が日本国籍取得へ 「外国人力士」クイズ

横綱・白鵬が日本国籍取得へ 「外国人力士」クイズ

(PicturePartners/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7月7日からの名古屋場所を前に、モンゴルの政府当局が、横綱・白鵬関の国籍離脱を認めたと報じられました。力士になるために日本国籍は必要ありませんが、年寄(親方)になるには日本国籍が条件。引退後に相撲協会に残る展望が開けてきたようです。

そこで、本日のデイリーニュースクイズ、テーマは「外国人力士」。全5問に挑戦してみてください。

Q1.初の外国人関取となった高見山。その本名に由来する愛称は何でしょう?

(1)ジミー

(2)ジェシー

(3)ジョージ

(4)ジャック

正解は…

(2)ジェシー

正解は「ジェシー」。当時は米国の準州だったハワイ・マウイ島に1944年に生まれた高見山大五郎。1964年、高砂部屋に入門し、67年には十両に。最高位は関脇と活躍しました。

「ジェシー」の愛称は、本名の「ジェシー・ジェームス・ワイラニ・クハウルア」から。

Q2.元大関・把瑠都が繰り上げ当選した、母国エストニアの国会を何と呼ぶでしょう?

(1)リーギコグ

(2)アルシング

(3)リクスダーゲン

(4)フォルケティング

正解は…

(1)リーギコグ

正解は「リーギコグ」。定数は101で比例代表選挙で選ばれます。把瑠都は、連立与党で中道左派の中央党から、2019年3月の選挙に出馬。次点で落選しましたが、繰り上げ当選を果たしました。

中央党は、現在、改革党に次いで議会第二位の勢力を占めています。なお、選択肢のアルシングはアイスランド、リクスダーゲンはスウェーデン、フォルケティングはデンマークのそれぞれ立法議会です。

Q3.元横綱・日馬富士関の下の名前は何でしょう?

(1)駿

(2)公平

(3)翔

(4)剛史

正解は…

(2)公平

正解は「公平」。ちなみに、「駿」は逸ノ城、「翔」は横綱・白鵬、「剛史」は栃ノ心の下の名前です。

Q4.外国出身で、始めて力士会の会長を務めたのは誰でしょう?(630ben/iStock/Thinkstock)

(1)高見山大五郎

(2)小錦八十吉

(3)曙太郎

(4)武蔵丸光洋

正解は…

(2)小錦八十吉

正解は「小錦八十吉」。力士会は十両以上の関取で構成される親睦組織で、代々横綱が会長を務めていますが、1992年5月から1993年1月までは、横綱が空位だったこともあり、当時大関だった小錦関が、大関としても外国出身として初めての第14代会長を務めています。

Q5.歴代外国出身力士がもっとも多い国はモンゴルですが、2位はどこでしょう?

(1)ブラジル

(2)韓国

(3)米国

(4)台湾

正解は…

(3)米国

正解は「米国」。2016年までにモンゴル出身は57人、米国出身は31人、3位はブラジルの16人でした。高見山、小錦、曙、武蔵丸など、多くの力士を輩出してきました。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

関連記事(外部サイト)