スピード違反で捕まった経験は? 世代別最多は60代男性という結果に

スピード違反で捕まった経験は? 世代別最多は60代男性という結果に

スピード違反で捕まった経験は? 世代別最多は60代男性という結果に

(anyaberkut/ iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

近年、高齢ドライバーの交通事故が頻発し、運転に対する意識の変化が起こっている。警視庁によると、今年6月に運転免許証を返納した人は都内だけで約6,000人に上がるという。

意識改革の波は芸能界も広がっており、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹や俳優の杉良太郎らも免許を返納した。

■スピード違反に要注意

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「スピード違反で捕まった経験がある」人は、全体の26.8%。経験の無い人が7割以上と、大差がついている。

性別ごとの回答を見ると、捕まった経験のある男性が37.3%であるのに対して女性は半分以下の17.1%。男性の方がスピードを出しやすい傾向にあるのかもしれない。

■年齢とともに割合増加…

年代別にチェックすると、男女ともに10〜20代は「捕まった経験がある」という回答がそれぞれ15%未満。10代男性に至っては3.8%で、全体で見ても最少という結果になっている。

しかし年をとるごとに「経験あり」という回答がだんだんと増えていき、60代以上の男性が58.6%で最多となった。女性も60代以上がもっとも多いが、同年代の男性と比べると30ポイント以上低い23.4%という結果に。

■専業主婦は割合が少ない?

職業別の割合を見ると、捕まった経験がもっとも多いのは会社経営者の69.0%。次いで自営業者が53.6%で、両方とも他の職業と大きく差がついている。もっとも少ないのは専業主婦で、17.9%となった。

焦っていたり注意不足の状態だと起こりがちなスピード違反。これ以上痛ましい事故を増やさないためにも、ドライバーにはしっかり責任を持って運転してほしい。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)