アンジェラ芽衣、爆笑問題ら『サンジャポ』メンバーに鯖缶渡すも 「不思議な反応で…」

アンジェラ芽衣、爆笑問題ら『サンジャポ』メンバーに鯖缶渡すも 「不思議な反応で…」

アンジェラ芽衣、爆笑問題ら『サンジャポ』メンバーに鯖缶渡すも 「不思議な反応で…」

メリハリのついたボディから「くびれスト」の異名を持つ川崎あやを筆頭に、数多くの人気グラドルが所属するゼロイチファミリア。そのメンバーが多くの雑誌の表紙を飾ったとして、それを記念イベントが開催された。

■コラボ鯖缶の感触は…

イベントには川崎のほか、青山ひかる、アンジェラ芽衣、桃月なしこ、黒木ひかり、十味、林ゆめ、早瀬あやが登場。今回は記念ということで、金と銀の鯖缶でおなじみの「伊藤食品」とコラボし鯖缶を作成したと言う。

「でも、これ非売品なんですよね(笑) 営業用だったり現場でご一緒した方にお配りする」とファンに配れないことを残念そうに話す川崎。

すでに『サンデージャポン』に出演した際に配ったと言うアンジェラは、「爆笑問題さんとか共演した方皆様に配らさせていただいたんですけど…まぁ、不思議な反応でした(笑)」と手応えはまあまあといった様子だ。

一方で、実際に「番組中に食べた」という林。「競輪の番組だったんですけど、勝ったら食べるっていう。みんなで食べたんですけど美味しかったです」と笑顔でアピール。

■桃月「すごい目立つなぁ」

今回『月刊ヤングマガジン』(講談社刊)、『漫画アクション』(双葉社)の表紙をWで飾った桃月。

「今まで本当にたくさんの表紙を飾らせていただいたんですけど、こうやった2誌同時期に発売されたのは初めてのことで…自分も最寄りの本屋さんとかで飾られているの見て、すごい目立つなぁって(笑)でも感動します」と感想を漏らす。

芸能界に復帰した早瀬。その点について聞くと「お休みしていた2年間は、お花屋さんでバイトをしながら、ネイリストの資格を取るため学校に通ってました。今もネイルサロンで働いています」と答え、「やってもらおう…!」とほかメンバーもニヤリ。

一方で、近況を尋ねられた青山、「私デビューして6年目ですけど、今月初めてじゃないかっていうくらいすごく暇で(笑) いろんなことを考えて準備できる時間があってですね、今後の自分を考えた最近でした」と明かした。

■今後の活動にも注目

『しくじり先生』(テレビ朝日系)での活躍が目覚ましい黒木は、「何度も番組に呼んでいただけるのは嬉しい。トークだったりモデルだったり、そのギャップなどを見ていただけたらいいなって」とバラエティとモデルなどのマルチな活躍を意気込む。

なお、十味は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて表紙を飾っており、それに対し喜びを表していた。今後より勢いを増すであろうゼロイチメンバーから目が離せない。

(文/しらべぇ編集部・木根 大心 撮影/HIRO)

関連記事(外部サイト)