「養育にかかった金を全額返せ」 ”息子”のDNA検査した夫が妻を提訴

「養育にかかった金を全額返せ」 ”息子”のDNA検査した夫が妻を提訴

「養育にかかった金を全額返せ」 ”息子”のDNA検査した夫が妻を提訴

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛情をたっぷりかけて育ててきた子供と自分に血縁がないと分かったら…。妻の秘密を知り、怒り狂っている男性が話題になっている。

■息子の「育ての親」

英国にて、愛する妻と共に8歳の「息子」を育てていた男性がいる。しかし「もしかしてこの子は僕の子ではないのかもしれない」と思うようになった男性が血縁関係の有無を調べる検査を受けたところ、嫌な予感が的中。息子と信じ養育していた少年との血の繋がりはないことが判明した。

幼い少年への影響を考慮すべく「具体的に夫婦間にどのような問題があったのか」といった詳細は伏せられているが、男性が受けたショックは相当大きなものだったという。

■妻に対する激しい怒り

何年も自分を騙していた妻に対する男性の怒りは、我が子として育てていた少年に対する愛情をはるかに上回った。

男性は妻を法的に裁くべく訴訟を起こし、「8年間に及ぶ養育期間に僕が負担した費用を全額返してほしい」「少年に対し実の父親が誰なのかを明かすべきだ」と主張し、さらには酷い精神的苦痛を被ったとして、慰謝料の支払いも要求している。

■提訴に踏み切った男性と妻の気持ち

妻と別れる予定なのかなど現時点では明かされていないが、男性の怒りや失望感は限りなく大きい。妻は「非常に後悔している」と裁判所で明かしているが、少年に対し実の父が誰かを明かすことについては同意していない。

今後判事がさらなる検討を進め最終的な決断を下すというが、世間からは「こんな妻は刑務所に行くのが妥当」「男性と少年が気の毒すぎる」「これからも実の子として育ててあげてほしい」といった声が多く上がっている。

■親子関係に血の繋がりは重要?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,589名を対象に「親子関係に血の繋がりは重要か」と質問したところ、子供がいる男性のうち6割近くが「重要である」と答えた。

8年ものあいだ実の子として少年を育ててきた男性だが、事実を知ったショックはあまりにも大きかったようだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日
対象:全国20代〜60代の男女1,589名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)