太田光、謹慎中の宮迫博之を全面擁護し物議 「バカだから兄貴ヅラして付き合っただけ」

太田光、謹慎中の宮迫博之を全面擁護し物議 「バカだから兄貴ヅラして付き合っただけ」

太田光、謹慎中の宮迫博之を全面擁護し物議 「バカだから兄貴ヅラして付き合っただけ」

7日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、太田光が闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫博之を全面的に擁護したことが物議を醸している。

■「吉本芸人の批判は笑い飛ばせばいい」と持論

番組では闇営業問題について、宮迫博之と同じ吉本興業所属芸人からも批判の声が上がっていることを紹介。太田はこれについて「吉本の芸人たちも結構シリアスな感じになっちゃってるよね。笑い飛ばせばいいと思うけどね」と、過剰反応する吉本興業所属芸人の反応に苦言を呈す。

■デーブからツッコミ

そんな太田にデーブ・スペクターから、「宮迫さんは物凄く稼いでいる。慎重にやれば(行くことを止めることが)できた人なのに、なんで(太田が)擁護するのかわかりにくい」と質問が入る。これについて太田は、

「闇社会とは関係じゃないじゃないですか。宮迫が直の営業やったっていうのは、その吉本の問題であって。宮迫はバカだから兄貴ヅラして、先輩ヅラして入江に付き合ったんですよ。あいつはええカッコシイだから。それだけのことじゃないですか?」

と擁護する。

■杉村から指摘も…

次に杉村太蔵は、世間が宮迫を叩くのは「ギャラをもらっていないと嘘をついたことが理由ではないか」と指摘する。しかし太田は、

「すぐ訂正したでしょ宮迫は。もらってましたって言った。あの場では言っちゃうのは、宮迫がバカなだけなんですよ」

と再び擁護する。一方田中裕二は「脇が甘かったことは当然ですよ」とコメント。デーブは「1回しかやってないみたいな空気作ってるけど、1回とは限らないんだもん」と疑問視するが、太田は

「1回ですよこれ。宮迫の場合は1回付き合っただけですよおそらく」

と庇う。ただしこれも田中から「まあそれはわかんないけどね」とツッコミが入った。

■田中みな実は「闇営業自体が問題」

さらに田中みな実からは、「事務所に申告をせず営業する闇営業が問題。TBSのアナウンサーのときは会社に申告をしなければならなかった」と指摘が入る。

これについても太田は、「闇営業はしょっちゅうある」と答えた上で、会社員と芸人の違いについて、

「みな実ちゃんは局アナだったわけでしょ。給料もらってたわけだよね。最低限の保障はされてるんですよ。売れない芸人はゼロなんだよね」

と説明。田中みな実は「そこを問題視するべきだ」と指摘すると、太田は「それは難しい問題」と唸ってしまう。

■最後も宮迫博之を擁護

そして太田は最後に

「嘘つくなって言うけども、ほとんどの芸人に嘘つくなって言われたら、芸人なんて全部嘘しか言ってないわけだから、それはしょうがない。宮迫なんて嘘つきに決まってんじゃんって話なんですよ。

ただアイツはなんで歌ったのか。もう1回ネタやればいいんですよ、雨上がりは。タイタンライブに出ればいいんだよな、宮迫もな」

と、今後自身の所属事務所タイタン主催のライブに招く意思を見せる。この日の太田はところどころイジりを入れてはいたものの、全面的に宮迫を擁護した形となった。

■太田の論理に視聴者からは反論

宮迫博之を全面的に擁護した太田光だが、視聴者からは厳しい声が上がっている。

太田光が宮迫をここまで擁護する理由がわからんすごい見てる方嫌な気持ちするわ#サンデージャポン

— さや (@suomi79love) July 7, 2019

太田排除した方が良くない?
宮迫が馬鹿だから反社会勢力と付き合っていても問題ないみたいな発言しやがって。#サンデージャポン

— nfunabori (@funaboritower) July 7, 2019

太田さんの論理で言ったら、芸人は自己責任で叩かれるべきは吉本興業じゃなくて宮迫や田村亮になるんだよ。みなみさんが正論で芸人擁護していたのに、太田やテリーが話を纏めようとすると「芸人だからしようが無い」ってアホな結論しか出てこない。#サンデージャポン

— koudzu (@koudzu) July 7, 2019

太田は結局宮迫を庇いたいんでしょ。
売れない芸人は金もらえないってそうだと思うけど
宮迫とか闇営業しなくても生活してくのに十分貰ってるだろ。たぶん。
闇営業が悪の反論でなんで宮迫除外するんだよ。
若手は仕事ないからって
宮迫は仕事あるじゃん
闇営業しなくていいじゃん#サンデージャポン

— えすけーぷ (@r3__escape) July 7, 2019

やっぱり一番太田はわかっていない。
馬鹿だからとか先輩意識でとかでだったら何やってもいいのか?
芸人だからとかじゃないだろ。普通の会社員は反社会勢力と関係があったら会社首になる。#サンデージャポン #太田

— 日本の国民(1億分の1) (@k_Japan_k) July 7, 2019

■不祥事を起こした芸能人の復帰に厳しい風潮

太田光は今回「闇営業は芸人ならよくあること」「芸人はほとんど嘘つき」という論理で宮迫博之を擁護し謹慎後の復帰を望んだが、世間は否定的な声が多い様子。

やはり杉村太蔵の言うように、「嘘をついたこと」は致命的。しかも芸能人はイメージを打っている部分もあり、不祥事を起こした人物の復帰について厳しい意見を持つ人が多い。

しらべぇ編集部が全国の10〜60代の男女1,721名に実施した意識調査で、「不祥事を起こした芸能人が罪を償えば復帰してもいいと思う」と答えた人は42.3%と半数を下回る結果となっている。

イジりをいれつつも、同じ芸人として宮迫博之を全面的に擁護したが太田光だが、その論理や不祥事を起こした芸能人に対する世間の厳しい意識などから、納得した人は少なかったようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1,722名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)