イケメンで高収入の男性をゲットした女性 交際を断った理由とは

イケメンで高収入の男性をゲットした女性 交際を断った理由とは

イケメンで高収入の男性をゲットした女性 交際を断った理由とは

(Tomwang112/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

かつてほどではないにせよ、「高学歴、高収入、高身長」のいわゆる「3高」がモテるのは変わらない。またはこれらの条件を満たして無くてもイケメンであれば問題はない。

この中で、高収入でイケメンの男性をゲットした、と報告した女性はなぜか交際を断った。

■「ただし名前が…」

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』に、「合コンで超イケメンで高収入の男ゲット! ただし名前が父親」と題した投稿がなされた。

投稿した女性は合コンで運良く、イケメンで高収入の男性と出会い、ゲットすることに成功。だがどうやら名前が父親と同じであったことから、「私は彼の背後に父の顔が浮かんでいるように見えて無理でした」といった理由から、交際を早々に諦めたことをつづる。

女性は父親と同じ名前の男性と交際できるか、と意見を募った。

■あだ名を提案する声も

投稿主の意見募集に対し、以下のような反応が相次いでいる。まず、投稿主と同じように無理だ、といった声では、

「無理。この世で一番嫌いな人間だから」

「絶対無理。尊敬できなくて大嫌いだから」

一方で、このように提案する声や名前は関係ない、といった声も。

「あだ名つけて呼べばいいじゃん」

「父親と同じ名前の人とお見合いした事ある。名前以前に生理的に無理でお断りした。でも相性良ければお付き合いしたと思うよ」

■彼氏に独特な呼び名をつけたことがある?

じつの父親と名前が同じだと、投稿主は普段呼び合う時に父の顔を思い浮かべ、変な気持ちを抱くのかもしれない。その際、提案にもあったようにあだ名をつけて呼べば、愛称も生まれてじつの名前など気にもとめなくなりそうだ。

過去にしらべぇ編集部では全国20〜60代の女性667名を対象に彼氏の呼び名について調査を実施。結果、「彼氏の呼び名を、他の人に呼ばれたことのない呼び名にしたことがある」と回答したのは2割にとどまっている。

オリジナリティあふれるあだ名を考えるのは難しいのかもしれない。たまたま恋人の名前が身内と同じであっても、最後は相性なのかもしれないが、投稿主は名前の時点でアウトだったようだ。

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日
対象:全国20〜60代の女性667名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)