「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買

「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買

「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買

(liza5450/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大金を得るためなら、知らない人と寝てもいい。そんな安易な考えで男と会うことに同意した16歳の少女が、あまりにも恐ろしい罠にはまりかけた。

■少女が売ろうとした「初体験」

ソーシャルメディアで接触してきたある男とチャットするようになり、「約54万円で君の処女を男に売れるぜ」「そいつを俺も知っているんだ、危ない奴じゃないから大丈夫」と男にそそのかされたロシア人少女がいる。

「こんなにおいしい話はない」と思った少女は、家族にも計画を伏せ、モスクワに移動。そこで処女を売り、大金を稼ぐつもりだったという。

■人身売買の恐怖

しかしこの男にはじつは「共犯者」がおり、そちらは仲間と少女の間で話が進む一方で、少女を買うバイヤーを探していたという。

だが、間一髪のところでネット上での怪しいやり取りを警察が察知。警官のひとりが「私がその娘を買いたい」とバイヤー候補になりすまし、男たちとの接触を試みた。

■警察のおとり捜査が成功

バイヤーに扮した警官が犯人と接触し会いに行ったところ、さっそく大金の支払いを求められたとのこと。そこで警官が金を差出し相手が受け取った瞬間、人身売買を試みた容疑で男を逮捕した。

その後の調べで犯人らは「少女にお金を払う気などまるでなかった」と告白。無事だったとはいえ少女が受けたショックは大きく、警察に保護され事情を知った今は、心のケアの専門家に会い立ち直る努力をしている。

■サイトでの「出会い」に潜む危険

「処女を捧げれば大金が手に入る」と信じ、相手を疑いもせず男に会おうとしていたこの少女。

あまりにも危機感が薄い気もするが、しらべぇ編集部が出会い系サイト利用経験者の男女140名を対象に調査したところ、27.9%が「出会い系サイトで出会った異性に騙されたことがある」と答えた。

犯人を批判する声も多いが、その一方で「16歳とはいえあまりにも浅はか」「学校や家庭でもネットに潜む危険性を十分教えるべき」という声も決して少なくない。

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20〜60代の出会い系サイト利用経験者男女140名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)