危険がいっぱい? 高年齢層は出会い系サイトに良くない印象も

危険がいっぱい? 高年齢層は出会い系サイトに良くない印象も

危険がいっぱい? 高年齢層は出会い系サイトに良くない印象も

(liza5450/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

昨今、当たり前になってきたネット上での出会い。スマートフォンが普及してからはアプリも増え、それが出会いのきっかけになっているカップルも多いだろう。

しかし、写真や文章、メールのみのやりとりだと実際の人となりは分からないもの。会ってみたら勧誘だったり、危険な人物だったりということも。

■約7割が「印象よくない」

そこで、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1721名を対象に調査したところ、「正直、出会い系サイトにあまり良い印象がない」人は、全体の67.3%。

男女別では、男性は59.7%、女性は74.3%と、女性のほうが14.6ポイント高い傾向。やはり女性のほうが、実際初対面の男性と二人で会うのは、危険がともなう場合が多いイメージ。そんな傾向があらわれたのかも。

■高年齢層は理解しがたい?

さらに男女年齢別で見ると、やはり女性の割合が高めで、50代女性の81.9%が一番の高ポイント。次いで40代女性の80.6%、60代女性が77.3%と高年齢層が高めの結果だ。

若年齢層はスマホの扱いも慣れており、次々出てくるサービスにも敏感だろう。しかし高年齢層にとって、顔も合わさずネット上で出会うというのは理解しがたい人が多いのかもしれない。

■どんな出会いが?

実際に出会い系を使用したことのある人は、どんな経験があるのだろう。アンケートをとってみた。

「メールなどでやりとりして二人で会ったら勧誘だった」

「仕方のないことだけど、何人も同時進行で関係を進められていた」

「きちんとお付き合いして結婚までした」

やはり詐欺や勧誘などもあるようだ。しかし本人確認の徹底など、身元の安全性はサイトによって違う場合もあるだろう。警戒心は常にしつつ、うまく使用してみるのもいいのかも。

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)