『笑点』三遊亭円楽、脳腫瘍で入院 「心配」「去年も肺がんで…」

『笑点』三遊亭円楽、脳腫瘍で入院 「心配」「去年も肺がんで…」

『笑点』三遊亭円楽、脳腫瘍で入院 「心配」「去年も肺がんで…」

(?写真AC)

19日、『笑点』(日本テレビ系)にも出演している落語家・三遊亭円楽(69)が、脳に腫瘍が見つかったため療養することを、所属事務所が発表した。検査と治療のため3週間程度入院するとされ、インターネット上では心配の声が相次いでいる。

■1ヶ月ほど前から体調不良に

所属事務所の発表によると、円楽は1ヶ月ほど前から気分の落ち込みなど、体調不良を訴えていたそうで、医療機関を受診したところ、脳に腫瘍が発見されたという。

「部位が脳であることを鑑み、主治医の判断で、3週間程度、検査と治療のための入院および療養いたします」と発表した。

現在、円楽は「日常生活はこれまでと全く変わらず行える状況」であるとし、療養期間については「本日から、8月上旬までのお仕事はお休みを頂戴し、その後の復帰につきましては、治療の状況を見て検討・判断させていただきます」と発表されている。

■心配の声が相次ぐ

円楽と言えば、昨年9月に肺がんであることを公表し、同年10月に手術を受けている。度重なる大病に、インターネット上では多くの心配の声があがっている。

円楽師匠が脳の病気で休養か…脳の病気とか心配…そんなに急がんでもゆっくり静養して、病気を笑いに変えるくらいに元気になって戻ってきてほしい。

— ADONIS_EVE (@adonis1919) July 19, 2019

円楽師匠といえば去年は肺がんで手術しているはず。だから余計に心配だな。

— 冨山祐斗 (@tomiyama_yuuto) July 19, 2019

円楽師匠、ゆっくり休んでほしい…
10月の大阪の落語会では元気なお姿を見れるといいな!

— まかろに (@macaroni_0214) July 19, 2019

天国の歌丸師匠、先代の圓楽師匠、どうか円楽師匠をお護りください…!!

— りさ@与太郎 (@Lisa_funny02) July 19, 2019

人気落語家として多忙な日々を過ごしている様子から、「ゆっくり休んで、元気になって戻ってきてほしい」という祈りが記されたツイートが目立つ。

■『笑点』でも大人気の「円楽師匠」

報道に対する反響の大きさからも、彼がどれほど多くの人々に愛されている人物であるのかが、改めてうかがえる。しらべぇ編集部が以前、全国の20〜60代の『笑点』を見たことがある男女1,294名を対象に「最も面白いと思う『笑点』メンバー」について意識調査を実施したところ、円楽は最も多くの票を獲得している。

「腹黒」なキャラクターで、桂歌丸さんとは「罵倒合戦」も繰り広げ、お茶の間を沸かせていた円楽。元気な姿で戻ってきてくれる日を心待ちにしたい。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の『笑点』を見たことがある人1,294名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)