吉本芸人も感じてる? 社長の経営方針が間違っていると思った瞬間3選

吉本芸人も感じてる? 社長の経営方針が間違っていると思った瞬間3選

吉本芸人も感じてる? 社長の経営方針が間違っていると思った瞬間3選

(taa22/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

22日に記者会見を開いた、吉本興業・岡本昭彦社長。「テープ回してないやろな」発言について「冗談のつもりだった」と釈明して理解を求めたが、信頼回復とは行かなかった。

それどころか加藤浩次や斎藤司など所属芸人から会見内容に批判が出ており、闇営業問題は吉本の「お家騒動」に発展しつつある。

■社長の経営方針に疑問を感じたことがある?

吉本興業のような上場会社の社長を、社員が厳しく批判することは一般社会では稀だろう。しかし経営方針を疑問に感じながら働いている人は、一定数存在する。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の会社員経験者1,195名を対象に実施した調査では、42.2%が「社長の経営方針をおかしいと感じたことがある」と回答しているのだ。

全員を納得させる経営は不可能なだけに致し方ない部分もあるのだろうが、かなり多くの人が社長を「おかしい」と感じた経験を持っている。

■50代男性はかなり高め

さらに性年代別に見るとはっきりとした傾向がでた。

男性の割合が高く、50代は57.1%が「おかしいと感じたことがある」と回答している。

バブル崩壊時には、社長の放蕩経営で倒産した企業も多い。50代はそんな厳しい時代を目の当たりにしてきただけに、「おかしい」と感じる機会が多かったのかもしれない。

■「経営方針がおかしい」と感じた瞬間3選

どのようなときに「社長の経営方針がおかしい」と感じたのか。複数の会社員経験者に聞いてみた。

(1)人を大事にしない

「中規模のシステム会社に勤めていますが、社長は社員を大事にしない。休みなども考慮せず、納期に間に合わないなら休まず働くのは当たり前。理解していないのに口をだすので、ついていけない。

待遇も悪く、人がどんどん辞めていくけど、特に対策をしていない。人手不足が進むなかで、人材を大事にしないのは、ありえないと思う」(40代・男性)

(2)無理やりな新システム導入で大損

「経理を担当しています。社長が独断で大金を投資し、経理に新システム導入を決定。なぜわざわざ面倒なことをするのか理解不明でしたが、スピーディーな経理作業を目指すとかで。

しかし、導入されたシステムは作業するたびにエラーや操作性の悪い箇所がでてきて、まるで使い物にならない。結局、もともと使っていたシステムに戻すことになりました。おかしいというより馬鹿」(50代・女性)

■二代目社長も…

(3)先代を否定する二代目

「ある外食店を、先代から社長を引き継いだ息子。長年親しまれた名前を時代に合っていないと横文字にすると、徹底的に作業を効率化。かけるべき手間も省こうとするため、『絶対に間違っている』という声はずっと流れていました。

結果、守ってきた味は落ち、昔のお客さんが離れ、借金を重ねて倒産。よくある話とはいえ、社員としては大変ですよ」

社長の経営方針は社員の生活と将来に直結するが、なかなか物申すことができないのも事実。「おかしい」と感じたら、ひっそりと去るほうがいいのかも。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日
対象:全国20代〜60代の会社員経験者1,195名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)