若槻千夏、猛批判を受け新たな決意 「私がモンペを減らせるかも」

若槻千夏、猛批判を受け新たな決意 「私がモンペを減らせるかも」

若槻千夏、猛批判を受け新たな決意 「私がモンペを減らせるかも」

タレントの若槻千夏が23日、自身のインスタグラムを更新。生放送での批判を受けて、新たに「自分の役割」を見出したことを報告した。

■誹謗中傷するコメントが届いていることを報告

しらべぇでも既報の通り、若槻は21日に放送された『zero選挙2019新時代の大問題』(日本テレビ系)にて、教員不足の問題に対する発言が炎上する騒動となっていた。

これを受けて23日、若槻はインスタグラムのストーリー機能を使い、自身のSNSに届いたメッセージを読んでいることを明かした。

コメントには「死んで下さい」「引退してください」など誹謗中傷とも取れる声が届けられていることについて触れ、「私は死にません。引退もしません」と言及。

また、今回の炎上騒動について、世の中の教員問題を含め、自身が何も理解しておらず、親として一方的な感情で話してしまったことを反省しているとつづっている。

■自分自身が「モンペ」と気付いた

さらに自分自身が「モンペ」であると気付かされたとし、今回の多くの厳しい意見を受けて、「モンペだからできる事があるかもしれない」とコメント。

また、「モンペはモンペだと気づいていません。だからこそ私がモンペを減らせるかもしれないと思いました」と、今後は教育現場の声をもっと自身から発信していきたいということを決意。

また、そのためにリアルな教育現場の声をダイレクトメールで送ってほしいとも呼びかけた。

■ネットの反応は…

この若槻の意見に、インターネット上では教育現場の現状なども踏まえ、様々な反響が。

「若槻千夏のnews zeroでの発言で自分の発言もモンスターペアレントということを自覚する親が少しでも増えれば良いと思う」

「若槻千夏さんは有名人だけど、一個人の意見ということで良いと思う。きっと同じような思いを持つ保護者もいるだろうし。それに対してもちろん反論したい気持ちも持って当然だし、書き込んでも良いと思う。でも、その反論に『死ね』とか『消えろ』はダメだよね」

彼女に対する誹謗中傷などの暴力的な発言を疑問視する声も目立つ。

■深刻な教育現場の問題

今回問題になった若槻の発言だが、教育現場の教師の抱える仕事量は膨大で、個人が抱えている仕事をこなすのも、子供たちが下校した後になってしまうなど、過酷な現状がある。

そのような状況下で、18時以降は留守番電話にしているなどの対策をとっている教員を、果たして責めることができるのだろうか。どこまでを教師の仕事とするべきなのか、線引が曖昧になってしまっている中、教育現場の問題は世間全体で考えていくべきだろう。

(文/しらべぇ編集部・溝田 ももこ)

関連記事(外部サイト)